噛まれた理由

 2015-03-01
今日、夫にキューちゃんって大人?って聞かれました…
1歳3ヶ月、成犬です(^_^;)
そんな夫の後ろでまた万歳で眠るキューさん。

今日は一日お休みの日曜でしたが、天気がよくないためか、
キューさん少しイライラソワソワ落ち着かない様子でした。

そんなキューさんに、ちゃんと配慮して過ごすべきだったのですが、、
私、夫に少々怒ってしまいました。
小言はよく言ってしまうのですが、今日は少しハッスルしてしまったのです…

夫が部屋を去ったあと、キューさんが座っている私に飛びつき、
興奮気味に腕をかみました。
噛まれてすぐにハッとしました。
さっきの私のハッスルが、キューさんを興奮、イライラさせてしまったと…。

PONOPONOに出会って、接し方や環境を変えてから、
それまで唸って飛びつき噛んでいたのがピタリとなくなりました。
夫へ噛み付こうとしている時に、間に入り盾になっているときには、
私の手はスルーして噛まないようにしたり、
私の手をパクっとしてしまっても、間違った!とばかりにすぐに離して、
夫の手を探して(汗)噛んだりしていました。
今日のように、私の手を噛もうとして噛んできたのは、7.8ヶ月ぶりでした。

キューさんは私の腕を一度だけ噛み、1メートルくらい離れたところで、
ウ〜と小さくうなりました。
罪悪感と後悔でいっぱいになりました。
すぐに、キューちゃん、ごめんね、、と謝りました。
そして夫にも。。

キューさんには今まで、コマンドを使って命令したり、リーダーウォークをしたり、
噛んだらマズルをつかんだり指を口に突っ込んで怒ったり、
サークルに閉じ込めたり、散々嫌な想いをさせてきたのだから、
私は徹底的に嫌がることを避けてあげなければならなかったのに。
また、過ちを繰り返していたのです。
たぶん噛まなかっただけで、普段の小言もストレスになって
積み重なっていたんだと思います。

噛まれてから、20分くらい経った頃でしょうか…
ふとキューさんを見ると、いつもの優しい目で私を見てくれていました。
涙が出ました。
ワンコはどうしてこんなに人の過ちを許してくれるのでしょうか。
どうして私は、人間は、同じ過ちを繰り返してしまうのでしょうか。

動物のように、他と平和に暮らしていくために、
もっともっと精進しないといけないと思いました。
ストレスを抱え、犠牲になるのは、動物や自然なのだから…。

キューさんの今日の噛みつきと、その後の穏やかな表情を決して忘れず、
改めて、誠心誠意、ストレスマネジメントに取り組みます。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/85-21ed3e5c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫