緊急事態が伝わったね

 2015-02-08
足噛みキューさん。
これも興奮度が下がったらやらなくなるかな?だいぶ減ってきたけど!


今日は、一日雨が降りそうな天気だったので、
念のため、朝も夕方もご近所散歩にしました。

夕方のお散歩で、事件が起きました。
マンション敷地内の小さい公園でのんびりしていたら、
怪しげな男が、コソコソしながら袋を抱えて登場。
怪しすぎるので、住人としては何かあったら通報しないと!と思い、
キューさんとのんびりしているふりをしながら横目でチェック!!

その男は、袋から肥料のようなものと、カブトムシなどを飼うような入れ物を取り出し、
その中身をスコップで少しずつ、公園の端に埋め始めました。

何をしたいのかよく分からないけど、これはどう見てもおかしいでしょ!と思い、
小さな声で「キューちゃんいくよ!」と声をかけました。
すぐにキューさんと目があったので、マンション方向へ私が歩き出すと、
キューさんも「行きまっせー!」とばかりにスタスタ着いてきてくれました。
管理室に通報し、一安心。
電話をしている間、私が怖かったのかキューさんは少しビビってました…(ーー;)
キューさんごめんね。。私、お節介な人間で。

そのあとすぐに警備さんが対応してくれていました。
一体何をしていたのか、果たして怪しい人だったのかも分かりませんが、
少し経ってから、スタスタとうちのマンションへ入って行きました…
なんてこった、同じマンションに怪しげな人が(>_<)

気を取り直してまたのんびり歩いていると、
全身黒の服で、黒いサングラスをかけた、60代くらいのこれまた怪しげな男性が、
結構遠目の段階から、キューさんに向かって話しかけ始めました…
「おーお前可愛いな!こっち来い!こっち来い!」

これは危ない!!逃げなきゃ!
今度はキューさんに声をかけず、怪しい人から遠ざかる方向に私が一歩踏み出すと、
キューさんも、「はい!今度はそっちね!」とばかりに、
スタスターと歩き出しました。

怪しい出来事が二連続の散歩となりましたが、
どちらもキューさんが緊急性を感じとり、
すぐに行動してくれたことに感動しました。
あの瞬間はまさに、一心同体、同志という気持ちでした。笑

これも興奮度が低い散歩ができていたタイミングだったからだろうなと感じました。
平日散歩も、こんな風にのんびり散歩ができるように、
なるべくキューさんに配慮した生活を送ろうと思います。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/66-60b73327
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫