新たな教科書・・結局は犬に嫌なことをしていた

 2014-10-31
よし!厳しさ卒業だ!、と思った私は、
また新たな教科書を探し始めました…こりない(ーー;)
厳しくはしないけど、躾は当然のように必要だと思ってたので、
犬に優しい躾法を探したわけです。

たどり着いたのは、1冊の本。
暴力も餌で釣ることもしない。
犬は飼い主に心を開こうとしている。
その言葉を、私たちが聞いてあげられるかにかかっている。
この躾法で、困っていた問題は、早ければ数時間後にはなおる!

そんな解説に、私は即、注文クリックしてました!
コレしかないでしょ!と。
今考えたら胡散臭いですけどね…

今か今かと待ち望んで、やっと届いた本に書いてあったのは、
ふんふん、一見、犬に優しい気がするぞ!

解説でみた、数時間後になおるという方法は、以下のものです。

仰向けにして、どんなに暴れても鳴いても、絶対にはなさない。
暴れる時は二人がかりで両手両足を押さええ込む。
噛まれないように下あごを押さえる。
そして怖い声、怖い顔で「ダメ!!」と叱る。
こうして強い飼い主であることを示す。
抵抗が止まり、大人しくなったら、一転して褒めまくる。
また暴れたら叱る。
その繰り返しで、ワンコが目をつぶって、自分の意思で動かなくなるまで、
30分でも1時間でもやり続けるというもの…
これが一度完璧にできれば、イイ子になるとありました。。

なんか力づくな印象も受けましたが、
成功すれば良くなるんだから、頑張ろう!と信じて意気込んだのです。
…しかし、私、、呆れるほどの根性なしなので、
キューさんが大人しくなる前に諦めてしまったのです。

結果的にやめて良かったです。
ワンコがどんな気持ちになるとか、ちっとも考えていない方法です。
全く犬に優しくありません…
これでもし言うことをきくようになったとしたら、
きっと恐怖や諦めで、従ってるんだろうと思います。

この時は、私が怠慢だっただけで、
この躾法に疑問を抱いているわけではありませんでした。
今、この本をチラ見すると、他の内容もリーダーシップ論でいっぱいなのですが、
この時は気付けなかったんですよね・・

キューさんの状況はというと、ずっと困っていた問題はなおらないのです。

噛みつき(しかも唸って飛びついて)
興奮して走り回る
噛んではいけないものを噛む
拾い食い
散歩の引っ張り
爪切りを嫌がるようになった
食事の食いつきが悪くなった

…キューさんがきて、
ずっと人間第一として考えてきたので、
私たち人間にとって、問題かどうか、困っているかどうか、という観点で見ていました。

この頃、特に、キューさんっていつもつまらなそうにしてるな…と思ったのです。
実はずっと気になっていたキューさん自身の気持ちについて、
急激に気になりだしたのです。

この子はうちに来て、良かったと思ってくれているの?
いつも淋しげな目で、何を思っているの…?

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/6-c4f377da
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫