動物病院で少しでも安心を

 2017-02-19
午後散歩でお宝ゲット!

今日は午前中に動物病院へ行って爪を切ってもらったので、自分にご褒美かしら。

キューちゃん、動物病院では、ブルブルと震えはしたものの、とても頑張っていました。
終わったのが分かると、スリングの中にそそくさと入ってくるのがとても愛おしいです。
スリングの中に入ったら表情が変わったねと獣医さんがおっしゃっていました。
キューちゃんにとって、スリングの中は安心の場所なのです。

病院の待合室にいたトイプードルさんは、飼い主さんの膝の上で、ずっとクゥンクゥンと鳴いたり、ハァハァハァとパンティングしたり、ガサガサ動こうとしたりしていました。
不安でいっぱいなのが伝わってきましたが、飼い主さんは、大きな声で落ち着いて!!と言ったり、お座り!と言ったりしていました。
自分がトイプードルさんの立場だったら、そんなこと言われても怖いんだよぉ!!と言う気がします。
ご夫婦でいらしていたので、1人中に残って、もう1人は呼ばれるまで一緒に外にいてあげるだけでも少し楽になるんじゃないかなと思いました。

いかに大人しく落ち着いて待たせるかより、どうしたら少しでも安心して待てるかに目を向けてあげたいです。

最近これまでとは別の病院に行ってるのですが、単体ワクチンを取り寄せてくれるかもしれないことが分かりました。
ワクチンは6種なんて当たり前で、病院によっては9種、10種とどんどん増やしてそれをすすめているようです。
私は健康のために不必要なものはしたくないと考えているので、抗体価検査をして、不足しているものがあれば、そのワクチンだけ接種したいと思っています。

ですが単体ワクチンを扱っているところがまずないし、病院によっては面倒な反応をされることもあります。

こちらは快くやってくれるかもしれません!
ですが…帰り際に思い出して会計の窓口の方に聞いた話なので、次に獣医さんによく話を聞きたいと思います。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/552-cf9b1015
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫