思い込みはやめよう

 2016-11-13
今日は食べ物が見当たらないのでコレにしまーすと。
髪飾りです(^_^;)

数日前、夜ごはんを食べ終わった夫に、いつものごとく前足でチョンチョンして撫でてというキューちゃん。

食後のお決まりになってきました。

先に食べ終わってもう寝る準備バッチリで布団にいた私はその様子を見ていました。

最初はウットリしていたキューちゃんですが、そのうちそこは嫌ですと主張していました。
夫の手が、お尻の方にいくたびに、キューちゃんは体勢を自分で変えて、そこはやめてといっていたのです。
それでもずっと同じように撫でる夫。

夫が途中からテレビを見ながら撫でだしたので、様子をまったく見ていないのです。

「ねーやめてって言ってるよ!」と言っても、「嫌がってないよ。嫌なら逃げるじゃん。」そう言いながらテレビを見続けました。

「ちょっとよく見て。手がお尻の方にいくたびに体勢変えてさけてるよ?お尻は嫌なんだよ」と言うと、「ほんまや」と気づいてやっとやめてくれました。

今回はお尻は嫌!と主張していましたが、不快だな、ちょっと嫌だよのシグナルである、舌をペロペロしたりアクビをしたりしながら、そこにジッとしていることもあります。

ですが、夫から見たら、嫌ならこの場にとどまらない、自分のところから逃げていくはずだと考えるそうです。

PONOPONOのグラ先生のブログでも何度もとりあげられていますが、嫌でも我慢する子もいるのです。
犬は人間よりも何倍も我慢強いですから、嫌でもジッと耐えたり我慢したりしている子もいるのですよね。

変わりに不快であるというシグナルを出しているのですから、それを見逃さないこと、ちゃんと受け止めて人間の行動を変える必要があると思います。

お互いが快適に暮らしていけるように、〇〇なはずだという人間の思い込みは捨てて、彼らが本当はどう感じているかをよく理解できるように努めたいなと思います。


★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ : PONOPONO
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/516-fe74accc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫