苦手かどうかは相手が決める

 2016-10-28
今朝の散歩が終わってエレベーター待ち。
ブルブル震えています。

散歩が終わって、スリングの中に入る寸前に、チャリンチャリーンと音がなりました。

するとキューちゃん、動きをとめて警戒し、その後すぐにスリングに飛び乗りました。

鈴のような音がなる物をつけて散歩をしている犬が多いので、そんな音がなると警戒します。

スリングに入った後、家につくまでブルブルと震えていました。

姿も見えず、音だけが聞こえたので、とても怖かったと思います。

キューちゃんを迎える前なら、こんな鈴の音には、私は全く気づかなかったと思います。
なんとも思いませんでした。

ですが、キューちゃんがこういうほんの少しの音にも反応したり、怖がったりすることを知って、自分のモノサシで色々判断してはいけないなと感じました。

相手の気持ちに寄り添わなければ、「そんなの大したことじゃないよ」「それくらい我慢すればいいじゃん」という自分目線の発想になると思います。

対人でも、対犬でも、同じことが起こるでしょうし、そのような思いでいては、相手に好かれないし、信頼関係など決して生まれないと感じます。

自分がどう感じるかではなく、相手にとってはどうかを、感じて、考えて、接していきたいです。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/507-b22fcccf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫