ボディランゲージセミナーを終えて

 2016-09-23
昨日は、PONOPONOのグラ先生のセミナーでした。
ボディランゲージの読み方使い方についてです。

私は受付と最初の司会をさせていただきました。
天候には恵まれませんでしたが、60名弱の方が参加され、このテーマへの関心の高さを感じました。
わたしの元同僚の友人もきてくれました!
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました(^-^)

画像や動画をつかってグラ先生が細かい解説をしてくださり、とても分かりやすかったです。
動画では保護された犬のボディランゲージ解説がありましたが、とても心が痛みました。
恐怖と不安のボディランゲージ、表情の連続でした。

ただでさえ人が怖かったりトラウマを抱えている犬に、もちろんそういう犬でなくても、「これくらい大丈夫」という人間の勝手な思いで接することは本当に良くないと思いました。

ボディランゲージを学ぶことで、犬がどれだけたくさんの声にならない言葉を発しているかがよくわかります。

私たちは、彼らに対して、彼らのコミュニケーションの方法を理解した上で、誠実に接するべきだと思います。

愛犬は一緒に暮らしてくれている家族ですし、保護されている犬は好きでそこにいるわけでもなく、ただでさえ人によって大きな傷をつけられているのですから…。

質疑応答では、こんな時の犬の気持ちってどうなんでしょう?という質問もありました。
やはり皆さん、愛犬の気持ちを知りたいという想いが強いのですよね。
大事な家族ですから当然ですよね!!
私も同じように思います。

今回あらためて感じたのは、同じ動作をしていても(例えば伏せるとか、ペロっと舐めるとか)、その時の状況や、他の体の動きや表情によって、気持ちや言いたいことは違うので、全体やその前後に起きていることなどを見てよく判断する必要があること。

これがなかなか難しいですが、何事も経験、練習だと思いますので、私も習得していけるようになりたいと思います!

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/495-558e7f50
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫