ノーリード犬に追われました

 2016-09-03
今朝、とても怖い想いをしました。

散歩中、うちのマンション付近につくと、急に何かを察して興奮しだしたキューちゃん。

これは犬がいるな…とおもっていると、マンションの柱の裏から、トイプードルがリードがはなれた状態で猛ダッシュしてきました。

焦って「キューちゃんおいで!」と声をかけると、すぐに抱っこしてくれたので事故にならずに助かりました。

そして後から、飼い主の高校生の女の子が出てきました。

実はこのトイプードルさん、以前同じようにノーリード状態でキューちゃんを追いかけてきたことがあります。

うちのマンションには、地下にケージ置きがあって、ケージで移動している人は、そこに置いて散歩をすることになっています。

しかしその高校生はいつも一階の外の柱のうらにケージをかくして散歩をしているのです。

最初の時も、今回も、散歩のあとにケージに入れようとしたところを逃げられて、キューちゃんが追いかけられました。

同じようなことが起きたら危ないから、ケージは地下においてと何度かお願いしましたが、全く聞いてくれませんでした。

元々興奮度が高く、走って散歩をしていた子です。

しかも最近は、なぜかノーリードで散歩をさせるというとても危険なことをしているのを何度か見かけていました。

だけど毎回距離があったし、キューちゃんもいるから危ないし、そのままになっていました。

今日、この事件があって、その子に聞いてみました。
「どうしてリードしないで散歩してるの?危ないよ。」
すると、ケージに入れようとしたら逃げてしまっただけだと言うので、ここでケージに入れたらまた同じようなことが起こること、それに普段もノーリードで散歩させていると思うけど、犬も人も多いこの場所でしかも興奮気味に歩いていたら、噛みつきや事故につながりかねないこと、話しました。

事故が起きたらお互いが不幸だから、やめようと。

はい、といってくれましたが、やめてくれるだろうか…。

以前ワンちゃんの年齢を聞いたら9歳だと言いました。
散歩はいつもこの高校生。
しかももう1匹いて、その子は滅多に散歩にでていません。
そんな要因があって、恐らく高ストレスで興奮度が高いのだろうと思います。

犬の散歩でもなんでもそうですが、大人でも判断に迷うことなどがあるのに、高校生でしかも親が完全に放置しているのはちょっと問題ですよね。

それにしても、人に何か意見を言ったり注意したりするのもなかなかのストレスになりますね。
この高校生に話をした後、離れたところでキューちゃんと散歩を再開しようとしましたが、手が震えていたので、キューちゃんにスリングの中で少し待ってもらいました。

こんな時にも思うのです。
犬にストレスがかからない、安心した暮らし、接し方がもっと広まってほしいなぁ…と。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ : ノーリード
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/488-07f9d2aa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫