犬は求めてる?喜んでる?

 2016-08-27
道のはしーっこでオシッコします。

お行儀いいねぇ〜(決してここでしなさいと教えていません)

さて昨日のPONOPONOのグラ先生のブログ記事は、とてもとても大事なことだなぁと思わされるものでした。
大事なこと書いてくださっているのはいつもなんですが!!私にとって大変興味深いテーマ。

こちらです→嫌でも我慢する

この記事を読んで、大学のときのゼミの教授を思い出しました。
その教授は、その分野において結構力がある方で、私も大変関心があり、その道に進みたいと思ってゼミに入りました。

しかし、物凄く威圧的な方だったのです。
いわゆるパワハラです。

この分野に進みたいのであれば、もっと教えるから自分の研究室に来いと言いました。
それで行ってみても、勉強の話はほとんどなく、大学内の愚痴や他の教授や学生の悪口、どうでもいい世間話などがほとんどでした。

ゼミで気に入らない子を罵倒したり否定したりしているのを見ていたので、いつ終わるかもわからないものを、嫌でも合わせて我慢をしていました。

嫌だなぁ〜と思ってなるべく研究室へ行かないようにしていると、今度会った時に、「あなた私を避けてる。やる気がないのか」と、威圧的にいってきました。

なので、恐怖でいっぱいで本当はとても嫌にもかかわらず、もっと恐ろしいことにならないために、そこへ行くことを納得するための理由をつくって行くようになりました。

例えば、この部分が分からないとか、これについては何の文献がいいかとか、この英文の訳が分からないとか…。

だから来ましたと教授に言って自分を納得させるのです。

同じゼミのメンバー、8名ほどいましたが、3名は完全に嫌われていて罵倒される…他のメンバーは程度の差はありましたが、ほぼ同じような目に遭っていました。

もう少し強い意思があったら避けられたんじゃないの?
嫌なら徹底して逃げればいいじゃん?

そんな風に思われるかもしれませんが、そういう時って逃げられないんです。。

威圧的で支配的な相手を想像すると、もっと怖い目にあわないために、敵にしないために、合わせておこう、従っておこうと思うようになるのです。

犬が嫌なことを我慢するのも同じようなものだと思います。

しかし支配的な人の言い分は、こんなものだと思います。

あなたのためだったのに
あなたのためを思ってやったのに

大事なのは、自分が相手のためにしているかではなくて、相手が本当に求めているか、本当に喜んでいるか、ではないのかな…

いろいろ問題があって、その教授は大学を辞め、途中で逃れることができたわけですが…
人間同士以上に、人と犬の方が気をつける必要があると思います。
犬は人以上に、どうやっても、逃れることができないですから…

こんな昔の出来事を思い出しても、支配的な考えでは、人にも犬にも好かれないなぁと改めて感じます。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント
>支配的な考えでは、人にも犬にも好かれないなぁと改めて感じます。
ゴリラにも好かれないとドッグウォーカー博士のブログで読んだことがあります。
私も高圧的な人には近寄りません。君子危うきに近寄らず、です。どうしても近寄らなければいけない場合を考えるとぞっとします。
逃げられないところでモンスターがいる環境って洗脳にもつながりますし、本当に想像するだけで恐ろしくごめんこうむります。
【2016/08/29 16:00】 | lunachip #- | [edit]
>lunachipさん
そうですよね。絶対好かれないですよね。
そしてまさに、洗脳が起こると思うんですよ。まさにこの大学のゼミはそうでした。どこかでおかしいと思いながら数名で愚痴るのですが、決定的な一言は避けたり…思い出すとゾッとします。
今後の人生でもそういう方はとことん避けたいですね…>_<
【2016/08/29 22:47】 | cuemam #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/483-333d8a73
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫