興奮のきっかけを知って機会を減らす

 2016-02-09
キューさんは、小さい頃から興奮しやすいです。

そこに私が厳しい躾をしてきたこともあり、余計にそうなったと思います。

留守番の影響もあると感じます。

そんなキューさん、先日、クローゼットの中身入れ替えを実行してから、興奮することが減りました。

私とキューさんがよくいる部屋にあったクローゼットに夫の服。
夫が寝ている寝室のクローゼットに私の服。
中身があべこべになっていたので、それを変えました。

夫の存在が、キューさんの興奮材料になりやすいのです。
夫が仕事へ行く時、帰宅した時、立って動き出した時、このタイミングが一番興奮します。

随分減りましたが、今も興奮して足元を追いかけ噛みつこうとすることがあります。

夫にもゆっくり歩くこと、噛もうとしたら止まって落ち着くまでじっとしてほしいこと、お願いしています。
やってくれることもありますが、忙しい時はあまり聞いてくれません。

ですので夫のことを気にして追いかけるような様子があったら間に入るようにしています。

物理的に行けないようにする…。

最初は私をすり抜けて何とかして夫を噛もうとしていて、あまり変わりませんでしたが、今はまいっか!と落ち着くことが増えてきました。

そしてクローゼットの中身を入れ替えたことで、必然的に夫がキューさんの前をウロウロとすることが減りましたので、その影響も大きそうです。

興奮スイッチが入る機会が減ったので、当然落ち着いていられることが増えてきました。

これは本当に良かった。
早くやるべきでした。

夫にも協力してもらわないといけないこともあるので、夫も気持ちよく家で過ごしてもらえるように心がけようと思います。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ : 噛みつき 興奮
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/357-07ed1684
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫