叱ってもいいことない

 2016-02-05
アイロン台が好きなキューさん。
まだちょっと早いよぉ〜!

アイロン台に乗っける前足が可愛いです。

先日、キューさんと散歩をしていると、縄跳びの練習をしている子がいました。

最初はお父さんと一緒で、お父さんは「そうそう!いいよ!上手!」と褒めて勇気づけながら応援していました。

お子さんは一生懸命とんでいました。
上手とはいえませんがとべていました。

少しすると、お母さんがきて、一緒に練習を見ていましたが、様子が変わってきました。

お母さんは、「なんでそうなるの?違うでしょ!どうして同じこと何回もする!?」と、とにかくずっと叱っていました。

すると、その子はめそめそとぐずりだし、さっきまで失敗してもすぐとべていたのに、全くとべなくなったのです。

お母さんは益々怒ります。

お父さんはお母さんには頭があがらないのか、お母さんに何も言わず、とにかくお子さんを褒めたり慰めたりし続けます。
上手だよ〜あと5回できたらオヤツにしよう!と。

途中で見ていられなくなりました。

お子さんはもうとにかく縄跳びが嫌になっています。

マイナスな言葉をあびせられ続けたら、頑張ればできることでもできなくなるんだと思います。
どうしてそこまでしてとばせようとするのかも分かりません。

子育てでも、犬育てでも、そこは共通な気がします。

叱っても、物でつっても、嫌なことをさせ続けても、何もいいことないよな〜
何かお願いしなきゃならないことがあるとしても、言い方があるよな〜

自分も気をつけよう…

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/354-30dd4b65
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫