子どもとの交流

 2015-12-06
ん〜美味しい美味しい(^O^)

満足気な顔を見るのが何より幸せ〜(*^^*)

休みの日の散歩は、明るい時間にのんびり行けるので、本当に最高です。

ですが公園などにいけば、子ども達がたくさんいます。
怖がったり、興奮したりすることがあるので、基本はなるべく近寄らないようにしています。
でも、子どもがいても公園の方へ行きたがることも多いので、私が気をつけるようにしています。

昨日も天気が良かったので、たくさんの子どもが遊んでいました。

キューさんへの対応は様々です。

たたたっと正面から走ってくる子。
気づいたらすぐに、なるべく静かに、「怖がって噛んじゃうからごめんね」と距離をとってもらうようお願いします。

ちゃんと少し離れたところから止まって、「触ってもいいですか?」と聞いてくれる子もいます。

同じようにごめんねします。

先日のラジコンボーイがまたいました。
先日は興味を示さなかったのに、昨日はラジコンと共にやってきました。

キューさんにラジコンを見せようとしてくれたようで、キューさんに向かって走らせようとしました(・・;)

それはやめて〜と言おうとしたら、お父さんがすぐに気づいてくれて、ビックリしちゃうからダメだよ!と言ってくれました。

顔見知りの親子がいらして、しゃがんでキューさんのことを可愛いねと見ていました。
するとキューさん、撫でて〜と擦り寄っていきました。
家族以外にも安全そうな人にはそうやってあまえます。笑

隣に2歳のお子さんもしゃがんでいて、キューさんの頭を撫でようとしたので、「頭は怖いからかんじゃうよ。」と言うと分かってくれました。
すると女の子、まさかの行動をしました。

キューさんの額に自分の額をつけたのです。

わぁ〜大丈夫か(>_<)とヒヤヒヤでしたが、キューさんもそのまま女の子にベッタリ…。笑

2人ともしゃがんでいたので圧迫感がなかったことや、九州出身の方で、話し方がとても穏やかで優しいので、警戒することがなかったのかもしれません。

結構愛嬌がいいので人気者になって人が寄りがちなので、キューさんが怖がらないようにこちらが気をつけなければなりません。

そういえば、男の子が近寄ろうとした時に、ごめんねと言うと、近くにいたお父さんが「怖がってんだろ、やめろこのやろぉ〜」と脅すような声をあげました。
それがとても怖かったです。

その後も何かと怒っていて、周りのお父さんもビックリしていました。

そんな風に言わなくても、分かってくれるのになぁ。
そんな風に叱っても萎縮しちゃうよなぁ〜(>_<)

犬でも子どもでも、弱いものを言いなりにしたり管理したりしてもいいことないよな〜と自分の経験から思います。
のびのびと過ごしてその中で学んでもらうようにしたいものだなぁ〜

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/315-f0c1e2e9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫