紀州犬射殺事件…

 2015-09-17
3日前に起こった、紀州犬の射殺事件のこと、
切なすぎて悲しすぎて、憤りが大きくて、頭からはなれません。

ワンコと暮らす方なら、きっと同じ想いを抱いている方が多いのではないかと思います。

紀州犬は、敷地内から脱走して、通りかかった人や声をかけた人に噛みつき、
飼い主が腕にタオルをまいて、噛み付いたところを確保しようとしたけれど、
警察官にも襲いかかろうとしたので発砲したといいます。
13発も…。

こういう事故が起こると、決まって飼い主の言うことを聞くように、
噛まないように躾がされていなかったことが問題になります。

今朝読んだこの記事でもそうです→紀州犬射殺の謎

記事内では、ペット事情通とやらの話として、
「ストレスが噛みつきなどの行動に発展する、
飼い主に噛みつくのはストレスが最大になっていたのだろう」
と、紹介されていました。

うんうん!と読み続けましたが、その後には、
「小さい頃から厳しく躾けることが大事」と続きました…。

やっぱりそうなるんですね…(T . T)

我が家のキューさんのことや、
他のPONOPONO実践者さんのことを考えても、
それは絶対に間違っていると言えます。

厳しく躾をしたり、サークルやケージに閉じ込めていた時に、
噛みつきがあって、そういうことを一切やめて、自由にのんびり暮らしてもらうことで、
噛みつきがなくなっていきます。

事実、この紀州犬は、ゴミだらけの酷い環境に閉じ込められて、
散歩も連れて行ってもらえずに育ったといいます。
それではストレスがたまって当然ですし、
ちょっとした刺激で噛みつきが出てしまうのは目に見えていると思います。

耐えて耐えて耐えまくっていたのだと思います。

この紀州犬さんが、生まれて亡くなるまでの間に、
一体どれだけの喜び、楽しみ、幸せな時間があったのだろうかと想像すると、
ないに等しかったのではないかと思い、とてつもなく悲しくなります。

最後はこのような悲惨な結末となり、
警察、飼い主含めて人間側は何の罪も問われないなんて…。

殺す必要があったのか…
噛みつくようになってしまった理由はなんなのか…
躾は必要なのか…

犬の立場になってよく考えるべきではないでしょうか。

身勝手な人間のせいで、
これ以上不幸な動物をうみださないでほしいです…。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/256-808d5528
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫