災害時、犬はどうする?

 2015-09-12
カミカミ途中にクラクションがなって「何ですか?」と私を見るキューさん。

ここに何かいるよと一生懸命覗き込むキューさん。

ネズミさんがお亡くなりになっていました。
犬の嗅覚すごいね。

今朝は久しぶりに少し大きめの地震がありましたが、
キューさんは驚いて少し鼻鳴きしました。

先週は水の災害もありましたし、
こういう時に改めて犬との避難のことを考えさせられます。

茨城のニュースでは、犬が一緒に救助されている映像を見て、ホッとしました。
でも、犬と一緒に救助された方は、
「本当は犬はおいて来るべきだったかもしれないが」とおっしゃっていました。

別のネット上の記事では、
学習塾経営者が走らせてきた大型ワゴン車を、
犬を預かる臨時救護所として無償で開放していることを知りました。

現時点の情報は分かりませんが、避難所の中に犬を入れることは拒否され、
外につないでいたりしているそうで、
肩身の狭い思いをしている飼い主の一部から歓迎されているといいます。

災害時のペットの同行避難は、
環境省が「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」で、
「飼い主の役割」として推奨しています。

しかしこれもまた、そのためにはいざという時に犬が吠えないようにしておく、
待てやオスワリのいうことを聞くようにしておく、そういった躾が大事だと
決まってついてまわる話のようです。。

これらの話を考えると、
このガイドライン自体もまだまだ認識されていないと思いますし、
犬に対する種差別がある限り、一緒に避難できたとしても、
犬は辛い想いをする可能性が高いんだろうなと感じます。

怖かったり不安だったりしたら子どもが泣くように、犬も同じく吠えます。
多少は仕方ないと思います。
だけど躾などしなくても、
普段からストレスがかからないように気を付けて過ごしていれば、
吠え続けたり暴れたりなどせずに、
その時の状況をしっかり判断して行動できるようになるのが本来の犬の姿です。

人は犬を救助犬にしたり、警察犬にしたり、何かと利用します。
そんな犬に対して、災害で困ったからといって見捨てて良いのでしょうか。
ちゃんと平等に接したいものです。

そうそう、災害時の対応を家族でちゃんと話しておくのも大事だと思います
夫との考え方が違う気がしたからです。
ニュースを見ながら、「犬も救助してもらえて良かったねー」と夫に言うと、
「じゃあカブトムシかってたらそれはどうするの?
隣の家の人か犬かどっちかしか救えないってなったらどうするの?
全部は救えないよ」
と言われました。

私があれもこれもという性格だからちゃんと判断しなさいよ、
という彼の考えがあっての発言なのですが…

もちろん全てをなんて思っていません。
犬は犬だけど、心ある家族です。
とても優しい、心の友人です。
喜びも悲しみも痛みも感じる、私たちと同じ動物です。
見捨てられるはずがありません。
もし犬を置いていけと言われたら、お先にどうぞと言うだろうと思いました。

災害時のことは、改めてちゃんと話しなおそうと思います。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント
本当に難しい問題ですね。福島原発の時に動物が置き去りにされて飢えている姿テレビで見てずいぶん泣きました(泣)絶対私もデブ太郎さんと離れる事は出来ないと思うのです。災害がこれ以上ない事を祈るばかりです‼︎
【2015/09/12 21:59】 | ナターシャ #- | [edit]
>ナターシャ母さん
今記事修正したけど、避難所の受け入れ、犬は拒否してたみたいね…。
福島の犬猫達は本当にかわいそうだったね。置き去りにされて、野犬化して、不妊去勢手術してなくて繁殖して、困ったもんだと殺処分される…人間勝手で酷い話だよ。
災害がこれ以上ないように、私たちが地球に優しい生活をしなきゃならないよね。
【2015/09/12 23:18】 | cuemam #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/252-c8574f3b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫