遊びに誘われた!

 2015-08-13
大物発見‼
キューさんボリボリいいながら噛みついています。

昨日から3日間、キューさんは夫とお留守番です。
いつも私が帰宅すると、リビングの隙間から顔だけ控えめに出して待っててくれます。
だけど昨日は玄関を開けるなり走って私の元へやってきて、ペロペロ興奮状態でした。
留守番してもらえるのでありがたいですが、いつもと違う状況に、どうして?
と少し不安になったのかもしれません。

さて、一昨日の話なのですが、
キューさんが初めて私に「遊ぼ!」と言った出来事がありました!

実家のワンコ、太郎はボール投げ遊びをするのが大好きでした。
幼い頃は、何度もボール投げて!と言われて何度も何度も投げました。
今振り返ると、太郎もあの頃興奮していたなぁと思います。
今は落ち着いたからか、年だからか、デブって動けないからか、
ボール投げて!は言わなくなりました。

だけどそんな太郎を見てきたので、
「犬は人間と遊ぶもの」と思っていたのです。
…しかし、キューさんにボールや人形を渡しても、投げて!なんて言わないし、
ずっと一人で興奮してじゃれてるだけでした。
後日、PONOPONOに出会い、一人で遊ぶのは普通のことだと知りました。

リーダーシップ論にはまっていた時には、
遊びでも主従関係というのを信じ、持ってこさせる練習を必死にしていました。
部屋の中でも首輪とリードをして、私がボールを投げて、キューさんが取りにいき、
咥えたらすかさずリードを引っ張り私の元へたぐり寄せます。
時にはオヤツを使って。
でもこんなことで持ってこれるようにはならなかったですし、
そもそも持ってこさせることの意味が今、全く分かりません。
すべてが「犬を管理する」前提でしたから、今、理解できないのは当然なのですが!
遊びは自由にしてもらえばいいですね。

そんなことをさせていたのが追い打ちをかけて、
人と遊ぶのは嫌だっただろうし、遊んでいる感覚もなかっただろうし、
オモチャをとられるとか、引っ張られるとか、不快感しかなかっただろうなと思います。

しかし一昨日のキューさん。
私がハンカチのアイロンをかけ終わって、片付ける前にトイレに行きました。

リビングに戻ると、キューさんはハンカチ一枚咥えて立っていました。
そして私の姿を見るなり逃げて行きました。
置いたままにした私が悪いのよ、ごめんね、とらないよ〜と心の中でつぶやき、
座ってまた別のことをしようとしたのですが、
すぐに、私の背中にキューさんがアタックしてきました。笑

驚いて振り返ると、
「へっへぇ〜い!」みたいなヤンチャ坊主の顔をして見ていました。
思わず吹き出してしまい、「何ですか〜!」と聞くと、
ハンカチのところへ戻り、また「へっへぇ〜い!」と言っています。

これはまさかまさか、遊ぼう!的な話ですか!?
試しにハンカチにゆっくり手を伸ばしてみると、
キューさんもハンカチを咥えようとします。が、咥えません。

手を引っ込ませては伸ばしてを繰り返し、
キューさんも同じように咥えようとしたりしなかったりを繰り返し。笑

色々試したくなった私は、
そっと様子を見ながら、えいやー!とハンカチをとって、近くに投げてみました。
するとハンカチを咥えて私のところへ戻ってきて、
へばりついてゴロンとして甘えてきました。

もうたまりませんでした。
ハートをズキュンとされました(*^_^*)
これがキューさんの遊びなのかもしれません。
キューさん、遊んでみたかったんだねぇ!
楽しかったかなぁ??
私はとってもとっても楽しかったです(*^_^*)
新たな一面が見れて、またニヤニヤとしてしまいました。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/224-0988cfe7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫