1年記念 夫の変化

 2015-07-23
1年の振り返り、今日は夫&キューさんの予定でしたが、
夫婦間の話も加わり案外盛りだくさんでしたのでそれのみにします(^_^;)

夫は最初から、犬が好きだったわけではありません。
私があまりに夫依存で、その夫は仕事で不在が多く、
なので私の淋しさが紛れるだろうと、犬を迎えることに積極的でした。

そして私がいろんなところから仕入れてきた躾情報を、素直に実践してくれました。
いつもなら客観的、批判的な意見をたくさんくれる夫なのですが。
たぶんキューさんに愛情がなかったから、ただ従っていたのかな…。

そんな夫に、ある時、躾をしない、犬に配慮するという、
真逆のPONOPONOをつきつけた私。
当初、PONOPONOの考え方自体は素晴らしいねと共感してくれたものの、
人間が優先という感覚が強く、あまり協力を得られませんでした。

例えば…(カッコ内は夫の気持ちです)
疲れて帰宅してリビングでゆっくりしている時に、
興奮気味のキューさんがウロウロしているのが嫌で、
サークルに入れてくれと言われたり。
(なぜ仕事で疲れて、家に帰ってまで疲れなきゃならないのか!)

キューさんも一緒に車に乗っている時に、音楽を大きめの音量で流したり。
(たまの休みなんだから好きなことをさせろ!)

リビングや廊下に滑り防止のカーペットを敷きたいといったら
カッコ悪いからやめてくれと言われたり。
(センスが悪いのは許せん)

この頃の口癖といえば、
「俺は変わる気はないから」でした。

それに対して私はイライラの日々。
そして、夫から私がキューさんを守らないと!と、敵対視気味になり、
夫への気遣い、配慮ゼロでキューさんを何より優先にしてきてしまったのです。

犬にだけ配慮するなんて、こんなのPONOPONOではないって、
頭では分かっているけれど、どうしたら良いか分からない日々で、
夫とは冷戦気味になることもありました。

ただでさえ多忙な夫は、私の全く配慮のない行動に苛立ち、
「そんなに犬との暮らしを優先したいなら2人で田舎へ行け」と言われ、
やっと、心底、それまでの自分の考えや行動を恥じたのです。。情けない。

振り返ると、夫は色々言っていましたが、心が広いなと思います。
私のそんな状態に呆れつつも、
「そんなに愛情深いのは凄いよ」なんて言って、見守ってくれた部分もありました。

感謝&反省です。

変わる気はないと言っていた夫ですが、
キューさんの笑顔が増えてくると、頻繁に可愛いと言うようになり、
今では愛情が深まったんだなと感じることが多々あります。

自分が行きたい方向にキューさんがいると、
「キュッキュそこどいてー」と声をかけたり。
同じ布団で寝ることや、舐められることを汚いと嫌がっていたのに、
寝るのは平気だし、顔以外なら舐められても汚いと思わなくなったと言ったり。

カーペット敷き詰めも容認してくれたり。

何より嬉しい変化は、キューさんの様子を見て、
心配したり、気にかけたりするようになったことです。

興奮してダッシュしている時や、ピョンピョン飛び跳ねている時には、
これじゃ寿命が縮んじゃうよねと身体を心配したり、
届くところに物を置いちゃダメだねと言ってくれたり。
のんびり横になっている時や、ニコニコ顔のキューさんに、
幸せそうな顔してるねぇーと喜んでいたり。

相手に変化を求める前に、自分が変わればいいんですよねー。
家族みんなが心地良くなるように、最初から努力すべきでした。
それに夫への配慮が、結局はキューさんへの配慮に繋がるんですね。

夫にはこの1年、多大なストレスを与えましたので、
これからもっと心地良い家庭を目指して頑張ります。

夫の接し方は、相変わらず自己流なことが多いですが(^_^;)、
キューさんも夫に甘えることがかなり増えてるので、
夫の変化を敏感に感じている気がします。

3人で仲良くしていこうね。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/204-c233a1f8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫