犬の生活の質を考える

 2015-07-09
朝からウッ!(こっち来て)といって甘えん坊(*^^*)

キューさん、私が仕事から帰ったあとは、私の顔や手をペロペロするのと、
ナデナデをしてーとたくさん甘えてきます。
特に鼻の穴をグイグイ舐めるのがお好き。
でもこれ興奮している時ですねぇ〜。

毎日の日課になっていて、短くて5分〜10分の間くらい、長いと30分はかかります。
ペロペロやナデナデに一旦満足して、身体の伸びをして、立ち上がって、
目がキラキラのニコニコ顏で私を見ます。
これが散歩に行きましょ!の合図です。

散歩?と聞くと、喜んで尻尾をフリフリっとして、
嬉しいよ!のペロペロをしてくれます。
でもペロペロしているうちにゴロンとして、なでて〜になり、
またイチャイチャの時間、というように繰り返されることもあります。笑

散歩行きたいけど、甘えん坊もしたいよぉ〜みたいな気持ちなのかな(*^^*)

約10時間もお留守番をさせてしまっているので、
帰宅後は、思う存分、甘えたい!やその他の要望にお応えしております。

帰宅時間は多少ばらつきがありますが、
18時半頃に帰宅して、着替えて甘えん坊タイムをして、
19時過ぎに散歩に出て、20時前後に帰宅して。
それからキューさんにご飯をあげて、自分たちのご飯も作り、
合間にちょっと来て!とか、おやつ!などの要望に応えて、
あっという間に21時を過ぎます。

この辺りには、結構クタクタです。

なんやかんや、お風呂に入ったりで22時。
そこからご飯を食べて片付けをして、夫が帰ってきてバタバタしたり。
はい、あっという間に23時過ぎ。

平日の夜はキューさん落ち着きがなかったり、
いろんな要望があったりするので、家事なども結構中断します。

二つのことを思います。
やっぱり共働きで犬を迎えるというのは、
犬にとってのストレスはもちろん、人間側も大変ということ。
そして、ワン1匹でもこのような状態なので、多頭飼いともなると、
十分な時間とお金が必要ということです。

当然、犬の気持ちを無視して、家事を続けることもできます。
都合が悪ければサークルを買ってそこに閉じ込めることもできます。
散歩も人間の都合が良い時に、限られた時間だけ行くこともできます。

それであれば、共働きでも犬は飼えるよ!
多頭飼いだって大丈夫だよ!と、
簡単にいうことができます。

でもそれでは、犬のQOL=Quality of Life、生活の質をあげることはできないし、
ストレスがたまる一方です。
人間側も、かつての私がそうだったように、
犬との暮らしなんてつまらないものになると思います。

これは、家族として迎えた犬だけではなく、
保護活動においても同じことが言えると思います。
犬がかわいそうという愛情をもって保護活動や一時預かりなどをはじめても、
心身共によくない環境で過ごすことになった保護犬は、
結局幸せとはいえないのではないでしょうか。

キューさんも、ストレスマネジメントによって、
落ち着いて過ごせる日が増えてくるとは思いますが、
他の犬を迎えるのは厳しいと考えています。
共働きで犬がかわいそうだからともう1匹迎える話を聞いたことがありますが、
これらの理由から、逆にもっとかわいそうな結果になるのではないかなぁ〜
と感じますが、いかがでしょうか。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
おっしゃる通り!拍手喝采です👏
犬でも猫でも、飼う時保護する時、真っ先にその子の幸せを考えないといけませんよね。人間の癒しや自己満足では本当にダメだと思います。しかしcuemamさんのように、仕事で疲れててもワンコを優先して尊重できる人はなかなかいないのかな。。
ケージに長時間閉じ込められて、散歩もろくに連れて行ってもらえない犬のことを思うと、その子の一生ってなんなの?って悲しくなります。。そんな子が1人でも少なくなるようにPONOPONOが広まるといいですね!広めていきましょう!!
【2015/07/09 15:53】 | じゅん #DXknpAqk | [edit]
>じゅんさん
ありがとうございます!!拍手喝采うれしー♡
癒しは自覚があるでしょうが、自己満は無意識になってしまっている可能性もありますよね…
PONOPONOのように、犬の気持ちを考えるとか、表情をよむとかが当たり前の感覚になれば、無意識に自己満もできなくなるかなと思います。ほんと、広まってほしいですね!頑張りましょう(*^^*)
うちの場合は私がキューたん優先で夫後回しなので別の問題がございます…(・・;)両立できるように気力体力つけなきゃなぁーです。頑張ります!
【2015/07/09 17:51】 | cuemam #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/192-cdae5212
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫