野良猫餌やりおばさんその後

 2015-07-07
ここイイ匂いがするよ〜!


一昨日、プラクティショナー講座の二回目がありました。
今回のテーマはコンパニオンアニマルで、
この1ヶ月の間、メンバー各自、様々な施設の見学やヒアリングをしてきました。
一言でいって問題山積み!と感じました。
自分自身の報告をするだけでも、
見学時に聞いた動物の福祉なんかまるで無視な発言の数々、
動物が置かれている悲惨な状態を思い出し、
動悸がしてきました。

だけど、そういう現実に対して愚痴をこぼしたり、
落ち込んだりしているだけでは何の解決にも至りません。
今回は全員の報告のみで時間がきてしまいましたが、
そこからどういう社会を目指していくのか、
そのために私たちに何ができるのかを考えていくことに価値があるのだと思います。

そんなことを、意識の高い方達と話し合うことができる機会に感謝です。

さて、そんな時にタイムリーな話です。

前に記事にした野良猫への餌やりおばさんの件。仮にAさんとします。
餌やりについて、今度話をしてみようと思っていましたが、
実は今朝、ついにその時がきました。

結構な頻度で朝散歩の時に会いますし、話そうと思えばもっと早く話せました。

でも、お互いが散歩の時で、キューさんの興奮を避けるために距離をとったり、
先方が1人でも、餌を置こうしているおばさんを見た瞬間にイラっとして、
この勢いで行ったら強くでちゃいそうだわ、と思ってとどまったりしていました。

今朝はAさんは1人。
5時頃から15分程度、犬の散歩を手短に済ませて、
その後に餌やりにくることがあります。
ちょうど定位置に餌を置こうとしていました。
そしてそしてキューさん、なんとAさんの方へトコトコと、
ゆったりとした歩みで向かって歩いたのです!
私もイラっとせず感情良好!
まさに、今でしょ!!!

私「おはようございまーす!
キューちゃん見つけた瞬間に向かっていきましたよぉ〜!」(キューさん、Aさんの匂いかぎ)
A「あ、おはようございます。犬の匂いがするのね」(すかさず餌をしまう!)
私「この辺、野良猫ちゃんいますよねぇーカワイイですよねぇー」
A「ええ、でもご飯あげると怒られちゃうのよね」
私「あぁ、そうですね〜いつも散歩でこの辺何往復もしてるんですけどね、
餌置かれたあとに、鳩とかカラスが食べてるんですよ。
あとうちのキューちゃんも(^_^;)」
A「えぇー!そうなの!?それは困るわねぇ」
私「はい、だから猫ちゃん食べられてないと思いますよ
(事実猫が食べていたのは2回しか見たことがない)。
餌をあげたいなら、食べ終わるまで見てあげて残したら片付けた方がいいと思います」
A「そうね、そうするわ」
私「それと野良猫ちゃん、最近子ども産んだってききましたが、
餌をあげるなら避妊去勢もしてあげた方がいいと思います。
どんどん増えたら誰も責任もってお世話できないし。
私昔そういう勉強していたんですけど、猫嫌いのおじさんとかが、
野良猫を保健所に連れていって殺しちゃう
ケースとかたくさんあるんですよー
そうなったら本当にかわいそうですよねぇ…」

…話したのはこんな内容です。

Aさんは終始、確かにそうね、かわいそうだったわね、と言って、
今後はやめるとおっしゃってくれました。

どうやらそのAさんの家にいた猫ちゃんが去年20歳で亡くなったんだそうです。
そんな淋しさから、野良猫ちゃんの餌やりへ発展したのかもしれませんね。

過去に怒っていた人が、ただ単にこんな所に置くな!と怒っていたのか、
なぜ置き餌が良くないのかまで話をしてくれていたのかは分かりません。
これまでも怒られていたけど置き餌をしていたわけなので、
とりあえず分かったわ、とおっしゃって、場所を変えて続けるかもしれません。

ただただ、伝わったことを、祈るのみです。

さて、餌やりおばさんは他にもいます。
Aさんが餌をこっちに置くからうちの方へこなくなったと不満を漏らしていたBさん。
その後Bさんが餌を置いている姿も何度か見ています。
「私が可愛がっている猫」意識が強いので、手ごわいかもしれません…。
今日のような機会がめぐってくるといいなと思います。

次のプラクティショナー講座では、野良猫のことも取り上げられるそうです。
この辺では、野良猫に対して行政、市民がどんな認識でいて、
何かしているのかを調べてみようと思います。

自分の家にいる動物でも、そうではない動物でも、
その行いは、その動物のためなのか、
自分の欲望のためだったり、エゴになっていないか、
よく考えて行動したいなと改めて思いました。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント
餌やりさんと接触できてよかったですね!
キューさんに感謝です。
山村さんの話の持っていき方、すばらしいです!
TNRのベテランさんも、餌だけあげる人にそういう感じで話してましたよ。
山村さん、さすがですね。
Aさんはどうやら軽い気持ちの餌やりだったようですね。
理解してくれるよう願ってます。
なんか、Bさんのほうが手ごわそうですね。
【2015/07/07 19:05】 | グラ #- | [edit]
>グラ先生
ありがとうございます!!グラ先生にお褒め頂けてとても嬉しいです!
私もうまく話せて良かったですし、キューちゃんもずっとクンクン匂いかいだりと落ち着いていてくれて良かったです。
Aさん今朝も会いましたが、いつもと変わらず穏やかに挨拶と軽くお話ができたので、ご気分害すことがなかったということかなと思い、それが何より嬉しく一安心です。
Aさんのように、ただカワイイから、かわいそうだから、という気持ちだけでやっている人もいそうですね。
そういう人なら心優しい方だと思うので、なぜ餌だけやるのはやめた方がいいか話せば理解してくださいますね!
Bさんはうまくいくか自信ないです。そして私の心の準備ができるのにも時間がかかりそうです。
無理に話そうとせず、うまくチャンスが巡ってきたら話してみたいと思います。
【2015/07/08 08:08】 | cuemam #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/190-a4061f6f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫