なぜオスワリさせるの?

 2015-04-10
昨日、キューさんの夜ご飯の準備をしている時、
ふと、フセの状態で待っているキューさんが視界に入りました。

むかし、オスワリやフセの練習をさせていたことを思い出しました。

今振り返ると、何故そんなことをさせていたのか思い出せないのですが、
何となく迎える前から、犬にはオスワリやフセ、
マテを教えるものだと思っていました。
初めて買った躾本にも、オヤツを使って教える方法が書いてあり、それを元に練習していました。

リーダー論に目覚めてからは、
リーダーとして立場を確立するためのオスワリ、マテ、でした。
暇さえあれば、コマンドを出して、従わせることで、コミュニケーションをとろう、
それが主従関係構築に繋がる…と。

今言えることは一つ。
オスワリもフセも、マテも、何の意味のないことでした。

そんなことをして喜んでいるのは人間だけで、
犬にとってはストレスでしかありません。

人間で例えたら、強制労働させられていたユダヤ人みたいなものではと思います。
いや、言いすぎでしょ、犬は別に苦しんでいないから、
と思われるかもしれませんが、
うちのキューさんは、そんなことをさせていた時、
常に身体が萎縮していて、目が死んでいました。
まさにあのボーダーの服を着て拘束されているユダヤ人の目と一緒です。

とても辛い写真です。鳴くことはありませんでしたが、心の鳴き声が聞こえます。
2ヶ月前後の子に、首輪とリードをつけて、動きを制限しています…

ご飯はサークルの中で。そしてオスワリ、マテをさせてからあげます。
ヨシ!のあとも、何度かマテ、オスワリで中断させ、
主従関係構築という名の嫌がらせをしています。


グラ先生のカウンセリングを受ける前後。
私が着替えようとしたら、
ズボンの上にのっかって座りました。
着替えちゃダメだよ〜!と得意気な顔で私をからかっているように見えます。
この時は当然、オスワリなどのコマンドはやめています。

こうして写真を振り返るとと、リーダー論から抜け出せて、
本当に良かったと思うのです。
今なら、キューさんの苦しい声がたくさん聞こえてきます。

キューさんとは違って、死んだ目ではなく、楽しそうにしてますから!
と思われる方もいるかもしれません。
でもよく表情をみてもらいたいなと思います。
目がギラついていたり、悲しげだったり、興奮したり、していませんか?

そもそも、犬に命令したり、芸をさせたりせず、
犬の意思を尊重して、ストレスのない生活をさせてあげたいです。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
こんにちは

小さなキューちゃん、可愛い…と言っていいのかな。
うちのとよく似てます。
私もオテ、オスワリ、マテなどやってました。
あの悲しい主従関係の本にヒマさえあればとか、犬と接するときはそういう指示を出してからと書いてありました。
私が受けた出張トレーナーは、指示を出すというより、偶然座ったときに、「オスワリ」と教えて、オヤツをあげてという訓練でした。
オテもオヤツを使って教えましたが、今でもオヤツを持ってると何も言ってないのに、手をあげてる姿が申し訳ないです。
オヤツは欲しいときにいつでもあげるよ。
改めて、ponoponoに出会えて本当に良かったです。
私がグラ先生のブログを知ったのは、「チワワ 問題行動」で検索したら、cuemamさんのまさにこのブログを見つけ、キューちゃんがミントにそっくりなので、嬉しくなって読ませて頂いたからなのです。
グラ先生にも、cuemamさんにも、じゅんさんにも感謝でございます(^o^)
【2015/04/10 14:58】 | ミント #- | [edit]
>ミントさん
そうだったのですね(>_<)!!私のブログを読んでくださったのがきっかけになっていたとのこと、とてもとても嬉しいです。逆にありがとうございます(^○^)
ふざけた記事書いていられないですね(^_^;)少しでも心を痛めている飼い主さんと苦しんでいるワンちゃんのためになるよう頑張ります!
小さなキューちゃん…可愛い、んですが、痩せこけて悲壮感あふれてますよね(T . T)
うちの夫、実は最初キューちゃんのこと全然可愛くないと思ってたそうなんですが、PONOPONOに出会ってから本気で顔が可愛くなったと言って喜んでいます。
ミントくん、オヤツの時に今も手をあげるのですね(>_<)心苦しいですね…うちもやっぱり何か要望がある時に、私の対応が遅れると、緊張した様子でピシッとオスワリすることがあります。身体と心に、傷と共にきざまれているのかなと感じます。
そんな時、大丈夫だよ、何も気にしなくていいんだよって、心から思ってもらえるよう、ずっとずっと努力を続けないといけないなと改めて思わされます。
【2015/04/10 18:36】 | cuemam #- | [edit]
cuemamさん

おはようございます。
最初にしつけの本なんて買わなきゃ良かったです。
ミントの前に飼ってたマルチーズは、亡くなった祖母が仔犬から育てたのですが、初めから同じ布団で寝て、可愛がっていたので、オテもオスワリもできなくて、それが当時の私には、何でしつけしないの?と思ってました。
祖母は今にして思えば、ponopono風に育ててましたね。
祖母が亡くなって、マルチーズを引き取ったんですが、シニア犬だったこともありますが、散歩もゆっくり歩いてましたし、気に入った場所で寝てばかりでした。
留守番もフリーでした。
ですが、オテなどが出来なかったために、いわゆる賢くない犬だと思い、今度飼う犬はそういうしつけをしなきゃいけないと思い込んでしまってました。
祖母は本当にマルチーズを可愛がっていましたし、祖母がいなくなってから玄関で、ハチ公のようにずっと待ってた姿が可哀想でたまりませんでした。
祖母とマルチーズに確かな絆があったんですね。
何も要求せず、愛情だけをたっぷり注いだ祖母の育て方をこれからは見習っていこうと思います。

今日の散歩は、また河原をゆっくり歩きました。
川に飛び石があって向こう側へ渡ることができるのですが、さすがに飛び石は無理そうだったので、抱っこしました。
ミニチュアシュナウザーちゃんが、上手に渡ってたので、自分もできると思ったんでしょうが、やっぱり落ちちゃうよ。
夏になったら川遊びもできそうな場所を見付けました。
【2015/04/11 10:30】 | ミント #- | [edit]
>ミントさん
お祖母様とマルチーズさんのエピソード、すごく分かりやすいですね。やはり自然体でいさせてあげることがいかに大事か分かりますね。お祖母様が亡くなられた後の話はとても切なくウルっときました。
この子がいる限り、何が何でも健康でいたいわと感じました。
水遊びができそうな河原ってイイですね!うちの周りにはあまり綺麗な水辺がないので、公園の池などもペロッとしそうになるところを固定してます。かなり黒々としてるので…
ゆったり散歩、春は最高に適してて楽しみですね!
【2015/04/11 15:57】 | cuemam #- | [edit]
cuemamさん

祖母は今にして思えば、子育てもponopono風だつたかもしれません。
父はあまりしつけされてません(笑)
母と結婚してから色々しつけされたみたいです。
ものすごい愛情深い人でしたが、その愛情を祖母に返さないと拗ねることもあり、父も私も大好きだけど、面倒くさいこともありました。
犬は可愛がると、ものすごく喜び、べったり甘えますから。
マルチーズのそういう姿を見て、孫にもこういうことを求めているんだと思うと、無理!でした。
小学生や中学生の頃なんて、友達と遊ぶ方が大事でしたからね。
今生きててくれたら、たくさん孝行したのになぁと残念です。
祖母の犬育てで、一つだけ真似しちゃいけないのが、人間の食べものをよく与えてたことですね。
それでも17歳過ぎまで、大きな病気もせず、生きてくれましたので、丈夫だったんですね。
マルチーズのことを書いてて、あの子のことを懐かしく思い出しましたが、亡くなったときはものすごく辛かったけど、安堵感も大きかったです。
この子を見届けることができた、やっとおばあちゃんに会えた、そんな気持ちでした。
こんなことを書いてしまって、想像させてしまってごめんなさい。
キューちゃんもミントもまだまだ若いし、これからも元気で過ごしてもらえるように、心がけていきましょうね。
【2015/04/11 17:14】 | ミント #- | [edit]
>ミントさん
そうですよね。きっとPONOPONOが自然にできる人って、犬にも子どもにも一緒ですよね。
うちの母もそんな感じです。私も勉強しろとかアレコレしちゃダメとか言われた記憶がありません。大人になったからそれがどれだけありがたいことだったか気付きましたね(^_^;)
そしてうちの母も人間の食べ物山ほどあげてデブらせました(・・;)
17歳で病気もせずとはすごい!!とても長生きしましたね。それだけ幸せだったということでしょうね(#^.^#)
ミントくんもキューちゃんもいつかその日がきますが、安らかな表情で永眠させてあげられるよう、今できることをしっかりやってあげたいですね!!!
【2015/04/11 18:44】 | cuemam #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://winterwedding.blog.fc2.com/tb.php/118-3f729996
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫