レッスン後のキューさん 山あり谷あり

 2014-11-11
グラ先生のお散歩レッスンを受けて、
その日から翌日にかけて、驚くほど落ち着いておりました。

お散歩では、今までにないヨチヨチ歩き!
ほとんど引っ張らず練習した成果を活かす間もない!

運良く他のワンコさんにも会うことがなかったので、余計に落ち着いていました。
家の中でも比較的早く落ち着き、もう寝るよ!とばかりにグッスリ!
えぇー!?PONOPONOってとっても良いと思ってるけど、
こんな即効性はないんでなかったかしらー!?
と、喜んでいたのもつかの間…
その翌日からは元のキューさんが戻ってきました(ーー;)

グラ先生の家の子たちも、1年、2年と時間をかけて、ストレス症状が緩和されています。
そりゃうちのキューさんも1回の散歩レッスンで変わるわけはないのです。

最近はまたグイグイ引っ張りがでてきて落ち着きがないですが、
長い目で見て、ストレスになる要因を取り除いてあげたいです。

もちろん、成長もありました。
他の犬を見れば興奮していたキューさん。
散歩の始まりに、結構近距離で他の犬に会ってしまったのでマズイ!と焦ったら、
一瞬見て、すぐにクンクンと葉っぱの匂いを嗅ぎ始めたのです!!!
こんなの初めてです。
これがいわゆるカーミングシグナルか!?それともたまたまの偶然か!?
私は敵意はないですよぉーと相手の犬に示すのに、
地面の匂いを嗅いだり、横を向いたりすることを、カーミングシグナルというそうですね。
シグナルは様々な種類があって、不安や不快を示して争いや脅威を避けたい時や、
ストレスを感じた時に、自分を落ち着かせるために使われるそうです。
これ、私はまだまだ勉強中です。キューさんと一緒に。

そんなこんなで、まだまだ状態は安定とは言えませんが、グラ先生がよくおっしゃるように、
諦めずに、ひたすら、淡々とストレスマネジメントを続けていきたいです。

一つ感じていることは、平日、私が仕事の日と、お休みでずっと家にいる日では、
様子がかなり違うということです。
お休みの日は、引っ張り散歩になってしまったとしても、帰宅後少しウロウロしてから、
1時間もしないうちに、私に寄り添ってゴロンと寝始めます。
私の動きや雰囲気で、今日は休みなのね!という風に、分かっているのかなと感じます。

平日は、まだウロウロと少し興奮しているタイミングで会社に行く事になってしまうので、
本当にごめんね…という気持ちでいつも外出します。
帰宅後も、ずっと暴れている感じです(ーー;)

犬にとって、6時間以上の留守番は大きなストレスになるそうです。
留守番してもらう時、私は「キューちゃん、お仕事行ってくるね」と、
軽く声をかけるのですが、声をかける前から「分かってるよ」と、
ちょっと淋しそうな顔をして、私をジッと見ています。
そして追いかけたりせず、リビングでお別れです。
帰宅後も、玄関まで走ってきたりせず、リビングに入るまで待っています。
そして私の顔を見るなり、身体をブルブル震わせて、尻尾フリフリで寄ってきて、
ペロペロさせてぇーと少し飛びつきます。
一度ペロペロさせると止まりません(^_^;)
時に痙攣ではないかと思うほど、身体の震えが止まらず私に一生懸命身体を擦り付けてきます。
そんなに興奮して、呼吸止まっちゃうよぉーと心配になることも…
この時いつも、ごめんね、という気持ちでいっぱいになるのです。

朝は、案外クールなのね…と思うのですが、頑張ってお家で1人で待っていたんだねと思うと、
共働きでワンコを迎えたことの罪深さを感じるのです。涙

ちなみに、帰宅後の興奮をグラ先生に相談したところ、帰宅後すぐに構わず、
着替えやトイレの片付けやキューさんのご飯の準備などをして、
一段落してから声をかけるといいとのことでした。
すぐにペロペロさせてあげたいのをグッと我慢して実践しています。
すると、声をかけてから近づいてはきますが、興奮はすぐにおさまり、
ペロペロを短めにして、落ち着いてゴロンとして、撫でてぇ〜と言って幸せそうにします。

こんな風に、興奮要素、ストレス要素をキャッチしてあげて改善することを、
地道に続けていくことで、数年後の、大きな変化に繋がっていくのかもしれないですね。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ

お散歩レッスン 優しい引っ張り防止

 2014-11-11
11月1日、待ちに待ったレッスンの日です!!

このブログを読んでくださっている方は、想像がついているかもしれませんが、
PONOPONOのレッスンとは、当然、おすわりや待てを教えるものではありません。
お散歩のレッスンなのです。
そしてお散歩といっても、
リーダーウォークのように、ツケで歩かせる練習でもありません!!

ワンコがゆったーりまったーりお散歩ができるようになるための、
飼い主のリードワークレッスンです。

PONOPONO散歩は、犬が前を歩いても後ろを歩いても問題ありません。
ただ、興奮して引っ張って歩くのは、やめられるように練習します。

大前提として、ハーネスと3メートルのロングリードを使います。
リードの長さは大型犬ならもう少し長いものを使うようで、その子の体型に合わせます。

そんな長いの危ないじゃない!と思われるかもしれませんが、
伸ばしっぱなしで散歩をするのではなく、手元で30センチくらいの輪っかを3回ほどつくって
短めに持っておき、犬の動きに合わせて伸ばしたり短くしたりします。
引っ張った時には衝撃がかからないように優しくリードを止めて固定し、また優しくはなします。
それを繰り返していくことにより、興奮散歩がゆったり散歩になり、
散歩後のワンコの状態も、落ち着いてくるというわけです。
もちろん、他の環境や飼い主の接し方も影響しますが、
散歩の仕方もワンコのストレスの大きな要因となっているそうなんです。

リードワークは、グラ先生のブログの文章や動画で何となく理解していたので、
真似てやっていたのですが、どうも衝撃がかかります。
キューさんもその度に身体をブルブルと震わせ、ストレス反応を頻発に出していました。
そして他のワンコを見ては興奮し、吠えます。
帰宅後もバタバタと歩き回ったり走り回ったりの興奮状態を経て、やっと寝る…
そんな感じで、リーダーウォークをしていた頃よりは全然マシですが、
まだまだ質の良い散歩ができているとは言えませんでした。

そんな散歩を早く改善してあげたい!
その一心で、夫とキューさんと一緒にレッスンに参加したのです。

基本、夫は散歩しないので、夫は見ていて、私がリードを持って指導を受けました。
グラ先生の自宅近くで練習だったのですが、この日のキューさん、
ブルブルと震えて引っ張るどころか私に抱っこをせがみっぱなし(ーー;)
そうでした、、キューさんはあまり知らないところへ行くと、怖がるのでした…
自宅から2.3分離れたところまで散歩に連れ出すだけで、震えるくらいです…

少し歩いては抱っこ、少し歩いては抱っこを繰り返し、
だんだん慣れてきて引っ張ってくれました!!笑
普段は困るけど、レッスンだからグイグイ引っ張って欲しかったのです…私の都合(^_^;)

私のリードワークを見て頂き、一旦キューさんは夫に任せて、人間だけで練習です。
グラ先生と私でリードを持って、犬役と人間役になって練習するのです。

この方法も、ブログで読んでて知っていたのですが、
こんなにも分かりやすいとは思っていませんでした。

まず私が人間役で、グラ先生に引っ張っる犬役をして頂いたのですが、
やはり私の止め方は、衝撃がかかっている上、固定の仕方が甘いことが分かりました。
私が犬役で、グラ先生に人間役をして頂いた時に、それがよく理解できました。
グラ先生の止め方は、ビックリするほど衝撃がかからず、すごーくすごーく優しいのです。
且つ、ギューっとしっかり固定されるんですね。
スルスルーっと滑らせて、その流れでそっと止めてギュット固定。
・・表現で頭の悪さが出そうですが何となくご理解頂けますでしょうか。

犬役をして感じましたが、こんな風に散歩してもらったら、
犬は引っ張る気にもならなくなるんじゃないかと思います。

グラ先生に人間役をやって頂いてからコツがつかめたようで、
その後また、キューさんの散歩練習をしたのですが、
グラ先生からお褒めの言葉を頂くことができました♪

引っ張り防止の練習だけでなく、他の犬や人間に興奮して反応しそうな時の、
間に入る方法なども教わりました。
この日は向こう側から大人2人が歩いてきたのに反応して向かって行こうとしました。
私はそれをリード固定だけで回避しようとしましたが、
そういう時はもっとリードを短く持って、間に「自然に」入るようにということでした。
そして、犬が反応して止まった時に、自分も一緒に止まらないのもポイントだそうです。

これがちょっと難しそう。練習あるのみかな^^;頑張ります。

他の犬に会った時の興奮、拾い食い、帰りたがらない、
散歩中の課題は色々あって、すぐになおるようなものではないと思いますが、
ブルブルっとさせない散歩をしてあげられそうで、また楽しみが増えました♪

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ

★★★★★★★
PONOPONOのグラ先生が、今後、重要な情報をお届けするために、
また、万一ブログが見られなくなったりしても大丈夫なように、
無料メールレター会員登録を始められました。
ブログでは書けない話なども届けてくださるとのことです。
よろしければ、以下のURLからご登録してみてください♪
  ↓↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz
★★★★★★★

カウンセリング 自分のことには気付けてなかった

 2014-11-09
★★先にお知らせです★★★
PONOPONOのグラ先生が、今後、重要な情報をお届けするために、
また、万一ブログが見られなくなったりしても大丈夫なように、
無料メールレター会員登録を始められました。
ブログでは書けない話なども届けてくださるとのことです。
よろしければ、以下のURLからご登録ください。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz
★★★★★★★

10月13日、待ちに待ったカウンセリング当日。
グラ先生の自宅まで1時間半弱で到着です。
ワンコの躾とか何とかって言ったら、通常はワンコを連れて、
下手したらワンコだけ預かって、躾という名の虐待をされることさえあります。

しかし、PONOPONOは全く違うのです。
カウンセリングは、私と夫と2人だけで伺いました。
私達夫婦の生活態度や考え方が、ワンコの行動に影響を与えるからです。

グラ先生に送っていたカウンセリングシートを元に、
たくさんの助言を頂きました。
また、散歩やキューさんが噛み付いているところなどを、
動画に撮影してくるように、事前に言われていましたので、
それも見て頂きました。

アドバイス頂いたことを一部、紹介します。
細かくは、また後日、個別の記事にしていきたいと思います。

・リビングだけでなく、他の部屋やキッチンもフリーにするように。
・歩き方がバタバタとしているので、ゆっくり静かに行動すること 。
・話し方も、ゆっくり、小さな声で、お上品に。
・ティッシュ程度なら食べても問題ないから、放っておくこと。

そしてこのカウンセリングで一番衝撃を受けたことがありました。

キューさんは、夫が帰宅した時に吠えるので、それを見て頂こうと思い、
その動画を撮っていました。

夫が帰宅して、リビングのドアの隙間から、キューさんに向かって、
変顔をして興奮させて、いつものごとく吠えられている動画です…。

私がグラ先生に、「こういうことするんですよぉー(怒)」と言うと、
グラ先生が「あっ!」と反応していたので、「酷いですよねぇ…?」と言おうとしました。
が、言ってる途中で気付いたのです。
グラ先生が反応したのは、まさかの、、私に対してだったのです…。

夫が変顔をしているのに気付き、私が
「ちょっと何やってんのぉー!キューちゃんがビックリするでしょー!!」
と、言いました。

それが、キューさんを興奮させていたのです。もちろん夫もですが…(・・;)

これには愕然としました…
私だったか…

確かに私は、声が大きいし、喜怒哀楽が激しいので、気をつけなきゃなと、
少し思っていたのです。でも、少しです。

原因は夫にあると思って疑っていませんでしたから…

そんな私は大大大反省。
とても恥ずかしくなりました。
バカだなぁー私。自分のことは冷静に見えていないのです。

この日、たくさんのアドバイスを頂きましたが、
よく分かったのは、私達夫婦が、
とにかく上品な話し方、振る舞いをする必要があるということでした。

キューさんに対しての接し方はもちろん、
私達夫婦間の会話や空気もすごく大事なんだそうです。

先生はおっしゃっていました。
犬のためと気をつけることで、夫婦の関係も良くなることがあると。
確かに、お互い優しく接することを心がけることになるので、
必然的に喧嘩も減り、穏やかな家庭になりますよね。

大変大きな学び、気付きを得られて、感謝の気持ちでいっぱいでした。
夫と一緒に、受けて本当に良かったねと話して帰りました。

そして、グラ先生の、穏やかで無欲で、ただただ動物を愛して静かに暮らしている姿勢に、
更に更にファンになってしまいましたぁ(#^.^#)
ブログだけでも、お人柄がとても伝わってきますし、
読んでいるだけでも大ファンになっちゃいますけどね。
私には、神に見えましたよ。

尚、カウンセリング後は、1週間無料メール相談を受けてくださいます。
このカウンセリングを受ける前以上に、次のレッスンが更に待ち遠しくなりました。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
タグ :

グラ先生へレッスン依頼 希望の光!

 2014-11-06
去勢手術後のキューさんのストレス行動。
特に困っていたのは、食事中に夫のところへしつこく行って、
かなり激しく噛み付くことでした。
リビングでくつろいでいる時もでした。

夫はかなり多忙な人間です。
食事中くらいユックリさせてほしいから、
絶対にサークルに入れてほしいと言われました。
犬より先に、自分がストレスでいっぱいになってしまうと。

言ってることは分かります。。
夫のリラックスタイムは今だけだから…分かる…
でもこの時私の一番はキューさんでした。何より優先したい。(え?今もか!?)
なのでサークル入れるの嫌だ!と私は頑固になって拒んだりしていました。
それはそれでひどいですよねぇ…

でも拒みきれず…キューさんに2.3度サークルに入ってもらったことがありましたが、
私は夫の様子を伺いつつ、キューさんを自由にしていました。
嫌がりつつも、何も言わなくなりましたので、
夫なりに協力してくれていたんだと思います。

でも、このままではキューさんのストレスどころか、
私たち夫婦も、意見がぶつかり続けてストレスになり、
誰も幸せでない事態になりかねないと思い…夫に切り出したのです。

離婚…ではないですよ(^_^;)
PONOPONOのグラ先生のレッスンを受けたいと!!

前から思っていたことですが、反対されるかな…
と思ってなかなか言い出せなかったんです。
そしたらあっさり『早く穏やかになった方がいいし賛成』だったのです。
なんでこんなにあっさり!夫は意外と協力的だったのか!
誤解してたーと思いましたが、いいよと言わないと
私がいつまでもうるさそうだから、というのも大きな要因だったようです…(ーー;)
でもまぁそんなのどうでもイイんです!
レッスン受けさせてもらえるならば‼‼

そしてもう一つの懸念事項…

グラ先生は、私たち夫婦のカウンセリング、レッスンの依頼を受けてくださるか…

何故不安があったかというと…
何より人間の生活重視、犬は人間の次。という考えが強く、
自分の考えがしっかりある人なんです。
犬の為に、犬に寄り添って、生活を変えたりする必要があるけど、
夫はそんなことしてくれるだろうか…と疑っていたので、
そんな私達夫婦の依頼ってどうなの?と…

その想いを正直に、断られることも覚悟して、グラ先生にコンタクトをとったのです。

すると、「ご主人が前向きならいいですよ」という優しいお言葉‼

明るい未来が見えた気がしました。

早速、事前の質問事項がたくさん書かれたカウンセリングシートに回答し、
カウンセリングと、レッスンの日時を決めて頂きました。

夫ももちろん一緒に行ってくれることになりました。
それだけでも大きな第一歩!
カウンセリングの日まで、私はドキドキして過ごすことになるのです。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
タグ : 噛みつき

去勢手術後の悪化 ・・一体なぜ!?

 2014-11-04
だんだん穏やかになってきて良かったなぁ〜と思っていた頃、
ずっと悩んでいた去勢手術を受けさせました。
私は、去勢手術には元々否定的でした。

手術するなんて自然なことではないよなと思っていたのと、
犬のことだけではなく、何においてもリスクに目がいってしまうので、
麻酔の影響などで酷い状態になった犬の情報ばかりを読んで、
これは恐ろしい獣医さんの金儲けだ‼‼と過激な考えをしていました。

でも、心のどこかで本当にしなくていいんだろうか…と迷いはあったので、、
PONOPONOの記事で、去勢手術をすることでストレスが軽減されることを知り、
踏ん切りがついたのです。
早急に病院を決めて、検査を済ませ、8月17日、手術を受けました。

手術後、3日間は夏休みと振替休日をつかって、一緒にいてあげました。
エリザベスカラーをつけてもらっていたのですが、
かなりストレスがかかっているように見えたので、私がいる時は外してあげました。

…しかし、キューさん傷跡を気にしてペロペロ舐めてしまうのです。
少しくらいなら舐めても大丈夫と聞きましたが、結構な頻度で舐めるので、
結局抜糸までの8日間、散歩以外はほぼつけてもらうことになったのです。

…このカラーストレス、かなり大きかったようなのです。
ソファと壁紙を、知らない間にガリガリと噛んでいて、壁紙は食べていました…

でもどうしてあげることもできなくて、ひたすら抜糸の日がくるのを、
今か今かと待ち続けました。
とっても長かったです。

術後のショボくれ顔はこちら^^;
963.png
部屋の隅っこで、落ち込んでいるように見えます><

カラーが外れれば、この行為もなくなる…

・・・・・・・じゃなかったのです。。

ソファ、壁紙などの破壊行為に加え、以下のようなことがありました。

・自分の手足を舐め続けたり噛み続けたりする自傷行為
・これは前からありましたが、尻尾を噛もうとクルクル回る常同行為
・ティッシュや葉っぱなどの異食、拾い食いと、それに対する強い執着
・食欲にムラがある
・噛みつき。私には興奮した時にたまに。夫には頻繁に激しく噛む
・散歩中、他の犬に対してと、夫が帰宅した時に吠える
・興奮しやすく、部屋の中を猛ダッシュしている
・まだまだ笑顔が少ない
・室内では私のことをついてまわる
・散歩でまだ引っ張りがある

ざっと並べてもこれだけありました…

去勢手術が要因と考えていたのですが、
そういったことが要因であるならば、一時的に反応が起こっても、
だんだん落ち着いてくるはずだそうなんです。
しかしキューさんの場合、落ち着いてくるどころか、悪化していきました…

PONOPONOを知って、キューさんに優しい生活に変えたのに何故…⁉
こんなに大好きだし、こんなに優しい気持ちで接しているのに何故…⁉
お願い、伝わって!伝わって!
そんな気持ちでいっぱいでした。

でも、この時は気付けませんでしたが、
『表面的な一部のことだけ変えて、優しくしている気になっていた』のです…

まだまだ本当の意味で、キューさんを大事にできていなかったのです。

※ちなみに、去勢手術をすると決めてからも不安はつきず、
その時にたくさんの先輩ワンコさんのブログを読んで、安心することができました。
同じように、これから手術を控えている方や、手術自体迷っている方に、
少しでも参考になれたらと思うので、手術後の経過など、
別の記事にて、写真付きで詳しく書きたいと思います。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ

PONOPONOって何するの? 早速噛みつきが激減した!

 2014-11-01
私がコレでキューさんと幸せになる!!!と誓ったPONOPONO。
実際何をするのかと言いますと・・何もしないのです!!

へ・・?

という感じでしょうか。

世に出回る躾本やネットでは、コマンドを使って、
犬に言うことを聞かせるのが当然のように書かれていると思います。
しかし、PONOPONOでは、そんなことはしないのです。

犬は、飼い主を含め周囲の状況をよく観察し、
自分がどう行動すべきかを自分で判断するので、基本的に犬に任せておいて、
犬が困っているときにだけちょっと手を貸してあげるぐらいでいいという考えです。

コマンドで指示をしようとするのは、
犬の自発性に任せていたら、人間社会に馴染めない、他に迷惑がかかる、
という、犬への恐怖心・不信感、誤解によるもの・・

任せておけばちゃんと判断できる子に育つのに、
そこに指示をだすことによって、自分では判断ができない子に育つどころか、
指示に従うことでストレスとなり、問題行動を引き起こすのだそうです。

PONOPONOでは、犬に苦痛やストレスをかけず、
逆にストレスを減らすことで問題行動を軽減するやり方です。
ストレスを減らすために、どうすべきか・・

大きく分けて次の3つに気をつけていきます。
1.犬の生活環境を整える
 ・サークルやクレートに閉じ込めず、自由に動けるようにする
 ・散歩は1日2回、30~50分ずつぐらいにして、プラス2回ほど排泄のために外に連れ出す。
 ・寝るときには犬に寝場所を選ばせてあげる。同じ部屋で寝ると安心する。
 ・同じ時間に同じことをする(食事や散歩、外出など)
 ・留守番させるときは6時間以内にする。(その時も、サークルなどに閉じ込めない)

2.飼い主の接し方を変える
 ・人間はバタバタと騒々しい動きをせず極力静かに、スローモーションのような動きにする。
 ・大声を出したりせずに、静かに落ち着いた声を出す。
 ・命令したり指示を出したりしない
 ・「ノー」、「ダメ」、「イケナイ」を連発したり、逆に大げさに褒めたりしない
 ・犬を撫でまわさない、いちいち触らない

3.ストレス解消をする
 ・不妊・去勢手術をする
 ・散歩の仕方に気をつける。速足になったり、犬につられて一緒に走ったりしないように、
 常に自分自身が一定の速度でゆっくり歩く(もちろん、におい嗅ぎのときには止まってあげる)。
 ロングリードとハーネスを使って、犬に衝撃がかからないように散歩をする。
 ・ドッグランへ行ったり、ディスクやボール投げ、アジリティなどのドッグスポーツをしたりしない


こんな内容です。

私はドッグランやドッグスポーツなどはさせていませんでしたが、
その他は、大幅に変更しなければいけない状態でした。

PONOPONOを知ってからの変化はこんな流れです。

7月10日 (キューさん 7ヵ月25日)
 PONOPONOと出会い、早速その日からコマンドをやめて、怒らないようにした
 散歩は、リーダーウォークの練習をやめて、キューさんが行きたいところへ行かせるようにした。
7月11日 (キューさん 7ヵ月26日)
 昨日からあまり私を噛まない!しかも覇気がなかった目が少し優しくなった気がする!
 つい一昨日まですごい剣幕で私に飛びつき唸り噛んでいたのに・・
 それから恐る恐る、サークルから出す時間を増やした
 まだ勇気がなく、外出の時と夜寝る時はサークルのまま・・
7月14日 (キューさん 7ヵ月29日)
 引続き、ほぼ噛まない!散歩中、尻尾が上がりきっていなかったのが、グイッと上がるように!
 だが途中、他の犬にガウガウされ、初めて吠えた><
7月28日 (キューさん 8ヵ月12日)
 自ら私に寄り添いゴロンと仰向けになることが増えてきた!
8月8日 (キューさん 8ヵ月23日)
 首輪から、PONOPONOのハーネスとリードに変えての散歩に変更。
 引っ張りが和らいだ気がする。以前より犬に優しい散歩ができていることを手元で実感。
 この日から、リビングに布団を敷いて、一緒に寝てみることにした
 私が布団に入っても全く寝ようとせず、ウロウロバタバタと落ち着きなく、私が先に寝た・・
8月11日 (キューさん 8ヵ月26日)
 仕事中もリビングでフリーにすることにした。
8月17日 (キューさん 9ヵ月1日)
 去勢手術

PONOPONOに出会って1ヵ月ちょっとの間に、ビクビクしながらも変えていき、
結果、キューさんも穏やかに、私も気持ちが楽になったのです。
まだまだ気になることはありますが、
キューさん、とても穏やかな顔で寝るようになったのです。

926.png

922.png

ちなみにサークルに入れていた時の寝像はこちら。
854.png

サークルの中から私をよく見ていたので、見ながら眠りについたようです。
切ないです・・
変化があったと感じたいからでしょうか、
私には上の2枚と違い、寝顔まで覇気がないように見えるのです。。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
タグ :

PONOPONOとの出会い 本当の優しさ

 2014-11-01
2014年7月…この頃の私の関心事は、キューさんに笑顔がないということでした。
『犬 笑顔 少ない』で数日検索していた気がします。

たどり着いたのは、1つのブログ。
ドッグウォーカー博士のスローライフ
http://blog.livedoor.jp/nanakailua/
でした。

検索してヒットしたのは、2013年4月26日の『笑顔が少ないときは』という記事。
題名からして、これはヒントがあるかもと期待をこめて読みました。

すると、まさに目から鱗!
そして犬への優しさがたくさんの文面から伝わってきて、
思わずウルッとしてしまうほどの感動をおぼえました。
感動と興奮でいっぱいだった私は、
通勤電車の中で様々な記事を一気に読み進めました。

「犬のために配慮する」「犬の気持ちを尊重する」
「笑顔がないときは、犬を嫌がらせていないか今一度チェックしよう」

私は思ったのです。
こんなにワンコのこと、想ってあげていいんだ!!
大事にしてあげていいんだーーーーーーー><!!
たくさんの温かい、思いやりいっぱいの言葉で綴られた文面に、
どこか私の心もホッとして、緊張がほぐれていったことを覚えています。

ブログを書いているグラさんは、
犬をコントロールして思い通りにさせようとするのではなく、
犬の人格を認め、犬の権利を尊重し、
犬への接し方を改善して、快適な環境を提供することで
犬のストレスを軽減し、困った行動を改善するよう提案している方です。
それをPONOPONOと呼んでいます。

今までどんな躾本やネットにも書いていなかった、
まさに『本当の優しさ』です。
いろんな躾方を試してきましたが、
絶対絶対、PONOPONOでキューさんと幸せになるぞ!!と誓ったのです。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫