なぜオスワリさせるの?

 2015-04-10
昨日、キューさんの夜ご飯の準備をしている時、
ふと、フセの状態で待っているキューさんが視界に入りました。

むかし、オスワリやフセの練習をさせていたことを思い出しました。

今振り返ると、何故そんなことをさせていたのか思い出せないのですが、
何となく迎える前から、犬にはオスワリやフセ、
マテを教えるものだと思っていました。
初めて買った躾本にも、オヤツを使って教える方法が書いてあり、それを元に練習していました。

リーダー論に目覚めてからは、
リーダーとして立場を確立するためのオスワリ、マテ、でした。
暇さえあれば、コマンドを出して、従わせることで、コミュニケーションをとろう、
それが主従関係構築に繋がる…と。

今言えることは一つ。
オスワリもフセも、マテも、何の意味のないことでした。

そんなことをして喜んでいるのは人間だけで、
犬にとってはストレスでしかありません。

人間で例えたら、強制労働させられていたユダヤ人みたいなものではと思います。
いや、言いすぎでしょ、犬は別に苦しんでいないから、
と思われるかもしれませんが、
うちのキューさんは、そんなことをさせていた時、
常に身体が萎縮していて、目が死んでいました。
まさにあのボーダーの服を着て拘束されているユダヤ人の目と一緒です。

とても辛い写真です。鳴くことはありませんでしたが、心の鳴き声が聞こえます。
2ヶ月前後の子に、首輪とリードをつけて、動きを制限しています…

ご飯はサークルの中で。そしてオスワリ、マテをさせてからあげます。
ヨシ!のあとも、何度かマテ、オスワリで中断させ、
主従関係構築という名の嫌がらせをしています。


グラ先生のカウンセリングを受ける前後。
私が着替えようとしたら、
ズボンの上にのっかって座りました。
着替えちゃダメだよ〜!と得意気な顔で私をからかっているように見えます。
この時は当然、オスワリなどのコマンドはやめています。

こうして写真を振り返るとと、リーダー論から抜け出せて、
本当に良かったと思うのです。
今なら、キューさんの苦しい声がたくさん聞こえてきます。

キューさんとは違って、死んだ目ではなく、楽しそうにしてますから!
と思われる方もいるかもしれません。
でもよく表情をみてもらいたいなと思います。
目がギラついていたり、悲しげだったり、興奮したり、していませんか?

そもそも、犬に命令したり、芸をさせたりせず、
犬の意思を尊重して、ストレスのない生活をさせてあげたいです。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
スポンサーサイト

新たな教科書・・結局は犬に嫌なことをしていた

 2014-10-31
よし!厳しさ卒業だ!、と思った私は、
また新たな教科書を探し始めました…こりない(ーー;)
厳しくはしないけど、躾は当然のように必要だと思ってたので、
犬に優しい躾法を探したわけです。

たどり着いたのは、1冊の本。
暴力も餌で釣ることもしない。
犬は飼い主に心を開こうとしている。
その言葉を、私たちが聞いてあげられるかにかかっている。
この躾法で、困っていた問題は、早ければ数時間後にはなおる!

そんな解説に、私は即、注文クリックしてました!
コレしかないでしょ!と。
今考えたら胡散臭いですけどね…

今か今かと待ち望んで、やっと届いた本に書いてあったのは、
ふんふん、一見、犬に優しい気がするぞ!

解説でみた、数時間後になおるという方法は、以下のものです。

仰向けにして、どんなに暴れても鳴いても、絶対にはなさない。
暴れる時は二人がかりで両手両足を押さええ込む。
噛まれないように下あごを押さえる。
そして怖い声、怖い顔で「ダメ!!」と叱る。
こうして強い飼い主であることを示す。
抵抗が止まり、大人しくなったら、一転して褒めまくる。
また暴れたら叱る。
その繰り返しで、ワンコが目をつぶって、自分の意思で動かなくなるまで、
30分でも1時間でもやり続けるというもの…
これが一度完璧にできれば、イイ子になるとありました。。

なんか力づくな印象も受けましたが、
成功すれば良くなるんだから、頑張ろう!と信じて意気込んだのです。
…しかし、私、、呆れるほどの根性なしなので、
キューさんが大人しくなる前に諦めてしまったのです。

結果的にやめて良かったです。
ワンコがどんな気持ちになるとか、ちっとも考えていない方法です。
全く犬に優しくありません…
これでもし言うことをきくようになったとしたら、
きっと恐怖や諦めで、従ってるんだろうと思います。

この時は、私が怠慢だっただけで、
この躾法に疑問を抱いているわけではありませんでした。
今、この本をチラ見すると、他の内容もリーダーシップ論でいっぱいなのですが、
この時は気付けなかったんですよね・・

キューさんの状況はというと、ずっと困っていた問題はなおらないのです。

噛みつき(しかも唸って飛びついて)
興奮して走り回る
噛んではいけないものを噛む
拾い食い
散歩の引っ張り
爪切りを嫌がるようになった
食事の食いつきが悪くなった

…キューさんがきて、
ずっと人間第一として考えてきたので、
私たち人間にとって、問題かどうか、困っているかどうか、という観点で見ていました。

この頃、特に、キューさんっていつもつまらなそうにしてるな…と思ったのです。
実はずっと気になっていたキューさん自身の気持ちについて、
急激に気になりだしたのです。

この子はうちに来て、良かったと思ってくれているの?
いつも淋しげな目で、何を思っているの…?

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
タグ :

主従関係構築への目覚め・・私、乱暴になる…

 2014-10-28
再お迎えから1週間が経ち、この子を何とか良い子にしなくちゃと
躾法をかなり必死に検索し続けました。

辿り着いたのは、ご褒美のフードに頼らない、且つ天罰方式や体罰はNG。
でも明確なリーダーシップを示すことで、犬との信頼関係が築けるよ、
と、うたっているサイトでした。

有料のマニュアルもあったのですが、
そのサイトにはマニュアルを買った方からの質問と、詳しい回答がのっていて、
藁にもすがる思いだった私は、そのサイトが大変魅力的に見えたのです。

参考にして取り入れたことは、
・室内では見ていられる時だけサークルから出す。
・サークルから出しても、首輪とリードをつけて、自由を制限する
・噛んだらマズルをつかんでダメ、と叱る。
・ご飯の前におすわり、待てをして、途中でも待てをして中断させる
・頻繁に仰向けにさせる
・散歩ではリーダーウォークができるようにするため、飼い主より前に出たら、逆方向を向きリード固定。
・鳴いたり吠えたりしても、ひたすら無視
・自分がリーダーと勘違いするから抱っこはダメ

…今、思い出して打ち込んでいるだけで、ゾッとしますが、
これを3ヶ月くらい続けました。
毅然とした態度でリーダーシップを示すよう努めました。
今なら、犬の気持ちに全く寄り添わない、結局は暴力的なものだと分かるのですが、
この時は全く気付かなかったんです・・

これにより、噛みつきや興奮は、良くなるどころか酷くなる一方で、
そこで私は何を思ったか、厳しさを強化しなければ!!と考え、
散歩でリードをグイッと引っ張ってみたり、時には身体に歯をあててみたり・・

目をつぶりたい、その頃の写真・・
792.png

764.jpg

775.png

あぁぁぁ・・キューさん、本当にごめんなさい。
私の乱暴な対応によって、子犬らしい無邪気さが全くありません。。
もしもタイムマシーンがあったならば、今すぐキューさんの表情をみて違和感を感じて!!
そして早くPONOPONOと検索しなさい!!!!!…と言いたい。。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫