心震える

 2018-03-14
手つなぎお散歩(*^^*)

今朝は出だしは少し早足でしたが、中盤からは、おじいちゃんとお散歩しているような気分でした。

とてもとても楽しくて幸せ。

固定が全然きかなくて、それくらい興奮していて、毎回1時間以上爆走していた頃は先が見えませんでしたが、こんな風に楽しめるようになって嬉しいです。

これが田舎だったらもっと最高だろうなぁと妄想していました。

夫は、キューちゃんがいつもその辺に落ちているお菓子やパンの欠片や鳥の骨で楽しんでいることを知っているので、田舎に行ったらつまらないかもよと言います。

確かに都会っ子なので最初はつまらなく感じることがあるかもしれません。
それまで私が事前にお菓子でも隠しておこうかとか考えたりしてます。笑

でもきっと、すぐにそこの楽しみを見つけるんじゃないかな(^-^)

ところで昨日のPONOPONOグラ先生のブログを何度も繰り返し読んでいます。
こちらの記事→信頼関係について考える

なんとゆうか、心に響く、心が震える記事です。
いつももちろん、響いているのですが。

私は語彙力も表現力もないので、あまり言うと逆に安っぽく聞こえてしまうと思いますが、PONOPONO犬育ては、犬と人間の、純粋できれいな心の通い合いだと感じました。

互いが大切に想いあい、心地良い関係です。

矯正しなきゃ、いい子に育てなきゃ、という一方的な上から目線でしつけをしたり、人間のエゴが出ていたり趣味に犬を付き合わせたりしているようでは、決して感じることができない関係。

PONOPONO犬育てに出会えて本当に良かったです。
感謝でいっぱい。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ : PONOPONO しつけ

PONOPONO犬育て発揮

 2018-03-11
横から撮ってたら…バレました(^_^;)

昨日、義父の一周忌に行ってきました。

1歳半くらいの姪っ子に初対面したのですが、改めて、PONOPONOの接し方の偉大さを実感しました。

どうやら今、人見知りな時期みたいで、お母さんと離れるのはもちろん、知らない人は怖くて泣いてしまったりするようです。

家にきてすぐにここはなんなの!的な感じで大泣きしていたのですが、落ち着いた頃、挨拶をしてみました。

しゃがんで同じ目線になって、小さな声で、こんにちはと、名前を名乗って自己紹介しました。

するとすぐに近づいてきたので、タッチする?と手を小さく低く出してみると、タッチ返ししてくれたのです。

すぐに笑ってまた2回タッチしました。

その間、お母さんがはずしていたのですが、戻ってきてそれをみると、こんなこと滅多にないと驚いていました。

私の妹にも子どもがいるのでそれで慣れてるのか?と聞かれましたが、そんなに頻繁に会ってませんでした。
間違いなく、PONOPONO犬育ての接し方のおかげだなとムフフとしたのです。

たぶん、昔の私なら、大きな声で怖いくらいの満面の笑みで、ハイテンションに接したと思いますし、抱っこしたがったでしょう(^_^;)

その後は塗り絵を一緒にやったのですが、1歳半の塗り絵は塗り絵ではなく、枠も何もかもはみ出すんですが、同じように私もやってみたらとても喜んでいました。

いつの間にやらつきっきりに近い感じになっていて、姪っ子というか、お友達になれて嬉しかったです。

同じ目線になる
大声を出さないで優しく声をかける
無理に抱っこするなど嫌がることはしない
相手がしたいことに合わせる

犬と人間、接し方で大事なことって一緒なんですね(*^^*)

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
タグ : PONOPONO

噛みつき改善のためにすること

 2017-10-15
昨夜の私の夜ご飯中。
隣で寝ているキューちゃんを脇の間からパチリ。
洋服の毛玉はご愛嬌ということで(^_^;)

昨日は夫は泊まりの仕事で不在でした。

夫がいないと、とっても静かという意味では平和なのですが、夫のマッサージが大好きなキューちゃんは少し物足りなく感じているかもしれません。

最近は、夜ご飯中まで撫でてよ〜と夫の足をカリカリしたり身体をもたれ掛けて甘えたりすることもあります。

それから、美味しいものをねだって夫の太ももに顎を乗せるという可愛すぎる技を身につけました。
メロメロで、たまにおすそ分けしてしまう夫にしかこの技は使いません(^_^;)
ボロボロ食べてる時に落としがちなので、そのせいもあるかもしれません。
先日はなんと、片方の太ももでダメならこっちはどうだ!とばかりに逆側の太ももに移動してまた顎を乗せたので、爆笑でした。
夫はこんな時、キュッキュ何それ〜どうしたの〜と嬉しそうにしています。

でも、ずっとこうだったわけではありません。
約3年前、PONOPONO犬育てに出会った当初は、夜ご飯の時に夫に噛みつきまくっていました。

ただご飯を食べているだけで、その時は何もしていないのに、キューちゃんの興奮スイッチが入って噛むのです。

PONOPONOのグラ先生のカウンセリングを受けていたので動画を見て頂き、いくつかアドバイスを頂きました。
噛まれた後に、痛い痛いと手をヒラヒラしていたのでまずそれをやめてもらいました。
それから瞬きをして顔を背ける、落ち着いてのカーミングシグナルをしてみたり、手を隠してみたりしてもらいましたが、いまいち効果がなかったのと、夫はふざけながらやるので、私が憤慨して余計に興奮を煽るという事態になっていました。。

そこもカウンセリングで指摘して頂き、大反省でした。
最終的にいきついたのは、キューちゃんが噛もうとしたらすぐに私が間に入ったり、噛もうとしている手を私がカバーするという方法でした。

私が入ることで噛むのをやめ、その状態を私が保つうちに、キューちゃんも落ち着きを取り戻す感じでした。

これはあくまで対症療法ですが、キューちゃんが落ち着きを取り戻せる方法が分かったのでまずこれを継続し、そして普段のストレスマネジメントをじっくり続けることで、いつの間にか、噛まなくなっていました。

普段から歩き方など配慮することがなかった夫…
そしてそれに憤慨していた私…

恐らく、「夫」+「夜ご飯」というのがキューちゃんの興奮と関連付けられてしまっていたので、その時に噛みつきが出ていましたが、普段からの接し方や環境によるストレス、興奮度の高さが根底の問題だったことが、今はよく分かります。

今、こうして噛みつきが過去の話となり、夫とキューちゃんが仲良くしているのを思うと、感慨深いものがあります。

ただひたすら、ストレスを減らせるように続けることが、何より大事だなって思います。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ

ワクチン頑張りました

 2017-10-10
連休になるとサボりがちなブログ…また頑張ります。

土日はお祭りがあってちょっと騒がしかったので、いつもと逆方向にお散歩。
すると珍しく歩道橋をのぼりました。
すぐおりましたが(^-^)

日曜はワクチン接種のため病院へ。
抗体価が下がっていたので二種を接種してもらうことに。
キューちゃん〜出かけるよ〜病院へ…の声に飛んできてスリングにすっぽり入ります。
毎度のことながら変な罪悪感(^_^;)

病院へつくとすぐに察して、ブルブルと震えだしました。
少しでも気を紛らわせてあげようと、外で待っています。
今回も早く行ったので一番に呼ばれました。

診察台の上にスリングからおろすと、これ以上小さくなれないでしょうというくらい、伏せて小さくなって、クンクン言いなが頑張ります。
私はしゃがんで大丈夫だよと声かけをします。
時折、前足で私の肩をカリカリして、抱っこ〜とせがみます。

先生も、かわいそうに早く済ませるからね!と急いでくれました。

チワワでこんなに我慢強く耐えてる子も珍しいよ、いじらしいねぇと言われました。
多くの子は、じっとしていられなかったり、ガウガウ暴れたり、飼い主さんから離れられなかったりするとのことでした。

PONOPONO犬育てのおかげかもしれません(*^^*)
普段無理強いしたり嫌なことは避けたりしている効果は絶大です。

ワクチンの間は私が保定、というよりキューちゃんが私にしがみついて、あっという間に終わりました。
はい、終わりだよ〜の声にいつものようにハイスピードでスリングの中に飛び込んできました。

とってもとっても頑張りました。

帰り道。

自転車の移動も大好きみたいです。
自転車に乗っていると他の犬を見かけてもほとんど反応しないのがまた面白いところです。

安心感があるのかもしれませんね。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
タグ : PONOPONO ワクチン

しつけや問題行動でお困りの方がいたら

 2017-09-26
夫に身を任せるキューちゃん(*^^*)
「きゅっきゅ〜ご飯食べさせてくれよ〜」とか言って撫でてました。笑

土曜に病院へ行った時、先生の家にも犬がいて、噛み付くんだよ〜という話を聞きました。
1歳半のワンちゃんだそうですが、お留守番の時はケージの中にいれているということでした。
それはストレスになるということと、うちも昔噛みつきがあって、ケージの閉じこめをやめて、嫌がるようなことをしないように気をつけたら、嚙みつかなくなったことをお話ししました。

とてもよく話を聞いてくださる先生ですが、留守番の時にコードを噛んだりしないか心配だとおっしゃっていました。

私もそれは心配したけど大丈夫だったことと、心配なら隠しておけばいいとお話ししました。

定期的に通っているし、一気に話さずまた小出しに話そ!っと思ったのですが、ちょうどメールでやりとりする機会があったので、PONOPONOメンバーでつくった「犬育て辞典」の噛みつきのページをリンクして、良かったら読んでみてくださいと送りました。

すると、すぐに読んでとても勉強になりました!ということと、ケージをやめてみること、それからカーミングシグナルもやってみます!とご返信をくださいました。

とても嬉しかったです。
PONOPONO犬育てにとても共感していても、犬のしつけや問題行動で困っている方にどうやってご紹介したら良いか迷うこともあると思います。
そんな時は是非、「犬育て辞典」を紹介して頂きたいなと思います。

こちらです→犬育て辞典

ちょっと更新がとまっていますが、幸せな犬さんと飼い主さんを増やすべく、頑張ろうと思います。

こんな記事があったら読みたい!紹介したい!
犬育てに困った時、こんなキーワードで検索した!
というのがあったら是非お聞かせください(*^^*)

…余談ですが、うちの会社には、朝礼があって、順番にスピーチがまわってきます。
昨日は私の番だったのですが、PONOPONO犬育ての話をしました。
犬から学ぶことはとても多くて、その一つは、「相手に変化を求めるのではなく、自分が変わる努力をするということ」というテーマです。

噛みつきがあったことやPONOPONOに出会って変わったこと、カウンセリングを受けたことなど…短くまとめると…
相手に問題があると思って矯正しようとするのではなく、何が原因になっているか考えて、それを改善するために自分にできることをする。
それは犬に対してはもちろん、同居家族にも同様で、それを心がけたら良いサイクルができてきた…
だから家庭でも仕事でも、相手を変えようとするのではなく、自分がまず変わる努力をしたいです、というような話です。

なんだかうちのおじ様たちにとてもうけていて、いい話だ!なんて言ってしばらく話題になっていました。
実は、他の人のせいにして自ら動こうとしない人がいるので、嫌味も込めて話したのですけどね。笑

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫