興奮の影響

 2016-08-30
台風の影響か、昨日から不安そうにしてるキューちゃん。
早く台風さってくれー!

今日は興奮の影響について書いてみたいと思います。
先週、先々週くらいで2度ほど、感じることがあったからです。

まず1つ。
PONOPONOを知る前に私の悩みのタネだった、キューちゃんの食糞。
このブログでも何度か書いたことがあります。

自分のも、他のワンちゃんの糞も食べていました。

PONOPONOに出会って、犬が糞を食べるということは、ごく自然なことで、犬の習性であるということが分かりました。

無理に食べないようにすると逆に執着するようになるので、ずーっと自由にしてもらっていました。

なのですが…いつの日からか、ほぼ食べなくなったのです。
他の犬の糞を食べることは皆無。

自分の糞もほぼ。
というのは、朝晩の散歩の時に基本はするのでその場で回収ですが、散歩のタイミングが遅れた時など、たまーに室内トイレでします。

私がいない時にそれが起こると、食べていることがあります。

だからほとんどもう食べることがなかったのです。

先日、散歩中に他の犬の糞の臭いを嗅ぎました。
いつも嗅いでも食べずにスルーします。

この日、一度通りすぎた直後、近くをバイクが爆音をたてて通りました。
キューちゃんはそれに興奮してガウガウし、今来た道を速足で戻ったのです。

すると、さっき臭いを嗅いだ糞を、バクバクと食べだしました。

実は前にも同じようなことがありました。

もう1つ、似たようなことが。
ゴミ収集のおじちゃんに、からあげをもらって丁寧にパクパクたべてました。

すると雨が降り出して、徐々に強くなりました。

すると、柴犬さんと飼い主さんが、ダッシュで横を通って行きました。
雨に濡れてしまうから急いでたのだと思います。

それに興奮したキューちゃん。
さっきまでゆっくり食べていた唐揚げを、ほぼ丸呑みしました…。
そして喉につかえてゴホゴホしました。

どちらも普段ならしないこと、普段なら落ち着いて対応できることが、興奮によって起こったことだと感じました。

糞を食べることは別にいいです。
ただ、それが危険なものだったらと思うとやはり興奮は良い影響は与えないと思います。

丸呑みしたのがまぁなんとかなる大きさの唐揚げだったからよかったものの、興奮度がもっと高かったら、よく聞くような、焼き鳥の串をたべて病院行きみたいなことが起こるのかもしれません。

私たちにできることは、犬が落ち着いて判断ができるように、安心した、興奮しないで済む環境を整えることかな。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ : PONOPONO 興奮 食糞

僕の奪うな!!

 2015-07-10
昨日は夫が先に帰宅していました。

帰宅時、夫は部屋にいて、キューさんの様子はいつも通りでしたし、
帰宅後キューさんとイチャイチャしていたところに部屋から出てきてやっと気づきました。

イチャイチャ中の私たちの前に夫が座り、話をしていました。
少しすると、キューさんは夫のもとへ行き、足の間にちょこんと座ると、
片手をあげて、なでて、と言いました!
なでて!って言ってるよと教えると、夫が得意のマッサージをしました。

するとキューさん、とっても至福の時〜という表情をして、
本当に可愛かったです(*^^*)
ナデナデ具合は夫の方が上手みたいです(・・;)

その後の散歩で、キューさん、気になるものをみつけました。
暗くて何かよく見えませんでしたが、何かの実のようでした。
すぐに興味がなくなったようで、食べたりせずに別の方へ行こうとしました。
しかし、私の歩き方、歩く方向が悪かったようで、
その実をとるな!!という感じで急いで実を咥え、
必死にお宝隠し場所である公園へ向かいました。

あ〜キューさん、奪う気なんてなかったのよ〜ごめんごめん〜と思っても、
それはどうにもこうにも伝わらず、必死に引っ張り小走りでした。

拾い食いに敏感に反応して、追いかけたり奪ったりしてきたので、
その記憶がトラウマのように残っているのだと思います。
本当に申し訳ないと思います。

公園の隠し場所までくると、口からポロっと実を置いて、
あとは興味を一切示しませんでした。

拾い食いには反応しないようにしていますが、
先日久々に、自分のウンチを食べようとしたところが視界に入り、
思わず「ハッ」と、驚いて息を吸い込む音が出てしまいました。
その時は、キューさんも身体を少しかたくして私を見て、
食べるのをやめたのです。

過去の、あからさまに拾い食い禁止にしていた態度に加え、
今もうっかり態度や空気に出してしまうことによって、
キューさんがのびのびと自由に過ごすことに、悪影響を与えてしまっているんだなと、
改めて反省したのでした。

ところで昔は食糞を問題行動として捉えて頭を悩ませていたわけですが、
落ち着いていくにつれ、まず回数が激減したので、
食べる機会そのものが減りました。
朝晩の散歩でしかしない日もあります。

それから他のワンちゃんの糞も一時期食べまくりでしたが、
この2.3ヶ月は食べていないように思います。
昨日は落ちていたのに気付いて、クンクン匂いを嗅ぐと、
「なんだこの臭いの!」という様子で飛び跳ねて逃げていました(^_^;)
…あんだけお好みのようでしたのに面白いですねぇ。

食糞は、犬にとっては自然な行為。
人間にとって嫌なだけ。
もし頻繁に食べるなら、それはストレス度が高いということ。
他の拾い食いも同じですね。
食べられるもの、食べられないものの判断がつかなくなっているのは、
それだけ興奮している証拠。ストレスが高い証拠。

そこで私たちにできるのは、拾い食いや食糞をしていても、
騒がず、焦らず、そっと待っていること。
そして普段の生活で、ストレスを減らしていけるように最大限努力すること。

それが頭にあっても、先日の私のように、うっかり反応してしまうと、
人間の反応ばかりを気にして自立心を育てることもできないですし、
リラックスして過ごすことができません。
そして、本当の信頼関係は築けないですよね…(T . T)

だから、昨日は奪うようなつもりはなかったのに、
キューさんがあのような行動に出たのだと思います。
日々、反省&改善です。


人気ブログランキングへ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫