長時間留守番の弊害

 2015-09-18
ここ最近ベッタリしたいです、と言われることが多いです。

帰宅後やお散歩のあとのベッタリ。
ご飯は一緒に食べたい。
ご飯を食べたあとの家事のときもこっち来て!
着替えたり歯磨きしたり、会社へ行く準備の最中、座った瞬間にベッタリ甘えにくる。

元々甘えん坊ですし、分離ストレスの症状はありましたが、
ここ最近は特に、とにかく淋しいよ、というのが伝わってきます。

この1ヶ月ほど、仕事の事情で30分ほど残業をせざるを得なかったので、
その30分をもしかしたら敏感に感じ取っていたのかもしれません(>_<)

長時間留守番の弊害は本当に大きいです。

やっぱり犬猫を迎える前に、
飼い主として適正かどうかのチェックを義務化すべきだなと、身をもって感じるのです。

我が家は留守番&駅前のザワザワ環境なのでアウトだな…。

もちろん、留守番があっても、普段、リラックスして過ごしてもらえるように
環境を整えて、接し方に気をつけて、
ストレスがかからないようにしていくことで、
安心度が増していくと思います。
普段我慢させてしまっている分、そこは最大限に努力したいです。


お仕事もう落ち着いてきたから、なるべく早く、ダッシュで帰りますからね。

明日から連休。
最大限一緒にのんびり過ごします。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫