猫ちゃんに胸キュン

 2015-10-15
朝の散歩では、毎日のように野良猫さんに会うようになりました。
キューさんは気配を感じると一生懸命匂いをおい、朝から少し興奮することも。

昨日、今日は、また見慣れない結構小さな子猫がいました。
この子は他の野良猫さんと違い、そこまで私たちを警戒せず、
しかもキューさんも、他の子なら姿が見えなくても反応するのに、
視界に入ってもほぼ反応がありません。
小さすぎて見えてないのか!?

なので3メートルくらいのところまで近づくことができ、
顔もよくみることができます。
とても可愛い顔をしています。

昨日な向かいのゴミ捨て場で、飛び出た袋をガサガサしていました。
キューさんとフラフラしながらまた戻ってくると、
大人の野良猫にかなり唸られて追い払われていました。。

私は元々猫嫌いです。
実家の近所で放し飼いされていた猫がかなり凶暴で、
深夜に私の部屋の中に喧嘩をして入ってきて、カーテンをボロボロにしていったり、
当時外飼いしていた大人しい雑種の犬の上に乗って寛いだりしていたから、
良い想い出がないのです。

今思えば、その家は男子3人女子1人の子どもがいてかなりうるさく、
よくお父さんの怒鳴り声が聞こえてきましたし、
猫も3.4匹、確か犬も1匹いたかな?なので結構過密…
猫さんストレスフルで気性があらくなっていたのかなと思います。

そんな猫の印象は、PONOPONOに出会ってから、
グラ先生やPONOPONOインストラクターのソラさんの猫さん達を知り、
見事にひっくり返りました。
猫も可愛いねと思うようになりました。

そして今朝…私は初めての感覚に襲われました。
こ、この野良猫さん、うちに連れて帰ってあげたい(>_<)

いやいやうちにはキューさんがいるので到底無理ですが、
あまりに可愛く、大人野良猫さんに追いやられたり、必死に食べ物さがしたり、
そしてあまり警戒せずにいるその姿に、少しやられてしまいました…

危ない危ない。。

毎度思いますが、不幸な猫を増やすだけの、不妊去勢はしない餌やりやめようよ〜

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

物言えぬ動物に配慮を

 2015-10-07
最近さらにグッと寒くなってきましたね(>_<)
寒さ暑さに弱い私は既に、繰り返しレンジでチンして使える身体に巻きつけるカイロと、
厚手のタイツ必須で散歩をしています。

それでも震える寒さなので、
今日からマフラー手袋に、さらに厚手の上着を着ようか迷っています。
普通の人から見たら変人ですが、キューさんとの散歩を楽しむにはやはり必須です…

冬こないでぇ〜(>_<)

ところで少し前から猫虐待のニュースがやく取り上げられていますね…。
人間の勝手な餌やりだけで増やされた猫が、
また人間のストレス発散の対象にされたのか知りませんが、
こうして虐待されるなんて本当に酷い話ですね…
なぜこんなことをするのか…

昨日、夜散歩をしている時に、向かい側から40代くらいの男性が歩いてきました。
ふつーの人に見えましたし、広い車道を渡ってくるところだったので、
特に警戒せず、キューさんは匂いかぎ、私はしゃがんでそのまま眺めていました。

するとその方、キューさんの本当にギリギリのところ、
あと5ミリずれたら踏んでるよというところを、思いきり音を立てて歩いて行きました。

…間違いなく意図的です。

邪魔になるところにいたわけでもないのに、
広い車道なのに…

その時、こーゆう人が猫の虐待などをしているのかもしれないと思いました。

元々犬猫が嫌いで、仕事などでむしゃくしゃすることがあった時に、
八つ当たりするのかもしれません…

これがもし、興奮度がとても高い犬だったら、
あの男性を追って噛み付いていたかもしれません。
間違いなく犬が悪くなるでしょう…。
そしてそれが大型犬で、一般的に危険と言われてしまっている犬種なんていったら
(決してそうではないのに)、益々痛い目にあうのは犬の方です。

物言えぬ動物に、嫌がらせをしたり、人間の方が偉いと勘違いして威張ったり…
いい加減にそんなことはやめて、同じ仲間として配慮して生活したいですね。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
タグ : 野良猫 虐待

朝から悲しみ

 2015-08-17
とても暑い日が続いていますが、朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきましたね。
それでも日中はまだまだ暑いですが、キューさんから、
ベランダ開けて!の要望がよくでるので、
その度にエアコンを消してベランダのドアを開けています。
エアコン付けっ放しだとお腹を壊すので良い機会になっています。

昨日は、お隣さんがベランダにプールを出して、
幼稚園児の男の子が遊んでいたようで声が聞こえてきました。
キューさんは少し耳を傾けていましたが、
話したことのある子だからか、特別反応せずにベランダで日向ぼっこしていました。

こちらがドアを開けた音と、キューさんの気配を感じたようで、
男の子が、
「え?キューちゃんいるのぉー!?」と声をかけてくれました。
お隣さんはお父さんも一緒だったので気まずいだろうと思って黙っていましたが、
お父さんが「いないよー!」といっていました。
キューさんにはひっそり遊んでもらいました(^_^;)
子どもも無邪気でかわいいですね。

さて今朝のお散歩。
雨でしたがなんとか歩ける範囲、ということでキューさんと歩いていると、
キューさんが急に方向を変えて猛スピードで走ろうとしました。
何が起きたの?と思ったら、なんとネズミが走っていました。

ネズミなんてまともに見たのは初めてかもしれません。
さすがにゲットされては困るなぁ…と思って、
緩めの固定をかけながらついていきました。
すぐ近くにあったマンションの木の植え込みの中に隠れたネズミ…。
キューさん、物凄い臨戦態勢でございます…。

2.3分はこの状態でしたが、そのうち傍からネズミがサーッと逃げていきました。
それに気づかず少しの間探し続けたキューさん(^_^;) 残念でした。

そのあと、いつも行かない方へ進んだキューさん。
珍しいなぁ…と思ってついて行くと、クンクン慎重に匂いを嗅ぎました。
他のご自宅の植木から道路にワサッとはみ出した葉っぱの下を、特に嗅ぎました。

…すると、悲しい光景が…
たまに見たことがある野良猫さんが、亡くなっていたのです。
白目を向いて横たわっていました。。
たぶんまだ若いと思います。

これが、人間が無責任に餌やりだけをやり続ける結果だと思います。
自分の行動に責任を持ちたいものです。


人気ブログランキングへ
タグ : 野良猫 餌やり

ご飯はまだですか…?

 2015-07-08
溝にはまってお亡くなりになったミミズさんに身体をこすりつけております。
好きねぇ〜(^_^;)

昨日記事に書いたように、
餌やりのAさんに置き餌をやめてもらうようにお願いしましたが、
キューさんは日課なのでそちらの匂いかぎ&ご飯探しに行きました。

するとキューさん、急にワン!と吠えて驚いています。

まさか…と思ってかがんで覗き込むと、猫さんがひっそりと座っていました…
ご飯を待っているのでしょうね。
これまでそんなの見たことないのになぜ今日に限って…(T . T)
ちょっと心が痛かったです。。

でもやっぱり、こういうのを見ると、
ただカワイイ可哀想だけで、餌をあげるのは良くないなと改めて思いました。
今回は私がやめてもらうようにお願いした結果ですが、
例えば餌をあげている人が、急な病気や寝たきり、引越しなどで、
いつかあげられなくなる日がくるはずです。
そんな時に、結局は猫さんに悲しい想いをさせる時がくるのです。
軽い気持ちで無責任な行動は良くないなと感じます。

こういった問題を解決すべく、「地域猫」という考え方を
採用している地域があるそうですね。
その地域に住んでいる人、何人かでグループになって、
継続的にご飯をあげられるように管理しているようです。
また、ご飯をあげるだけでなく、排泄物の処理や掃除、
避妊去勢手術なども行っているそうです。

野良猫増加を問題視した行政が推進してきたもののようで、
どこかの行政のホームページでも見たことがあります。

ただ、その地域猫活動は、
猫好きな人たちが集まって協力しているようで、
結局どこまで責任をもって継続していけるのかが疑問ですし、
猫が嫌いな人とのトラブルが起こってしまった事例もあるようです。

不特定多数の人が餌やりだけ続けているよりはとても画期的なのかもしれませんが、
もう少し詳しく調べて考えてみたいと思います。

それにしても、人間がからむと問題が色々起こりますね。
自然や他の動物との共生には、大きな大きな意識改革が必要そうですね。


人気ブログランキングへ
タグ : 野良猫 地域猫

野良猫の餌やり

 2015-06-19
おーい!どこまで潜るの〜!

この辺り、必ずチェックします。

なぜなら…謎の餌がおいてあるから…
添加物たんまりな。

今日、それがなんなのか、誰が置いているのか判明しました。

なんなのかは少し前に想像がついていましたが、
野良猫さんの餌でした。
そして誰がおいているか。
毎日5時に大型犬さんの散歩に出ているおばさんでした。

餌がおいてあるときと、ないときがあります。
どうやら私が近くにいる時は置いていないのです。
今日は散歩に出たばかりの時はなかったのですが、途中で置かれていました。
その直前に、おばさんが現場から立ち上がって去るのをみました。
その時私とキューさんは、現場から少し離れているけど見える場所にいて、
目撃してしまったのです…。
そしてその後餌を食べる猫さんも見ました。

この辺りには、猫は少ないと思っていました。
なので正直、野良猫の問題へは無頓着でしたし、知識も全くありませんでした。

しかし、4時台の早朝散歩をするようになると、野良猫さんに頻繁に会いますし、
今回の方以外にも、もう1人、餌やりさんを目撃したことがあります。
その方は、猫に餌をおいて自転車で去っていき、
食べ終わった頃にまた戻って片付けていました。

今日目撃した方は、あげっぱなしです。
朝も夜も同じものの食べかけが残っていたりしますから。

今度そのおばさんに話を聞いてみよう!と思っていると、
いつも夫婦で散歩に出ている方で、奥さんの方だけこちらに向かって歩いてきました。

近くで餌やりをしている人がいるから、そこに来ている野良猫を探しにきた、
と言います。
何か事情が分かるかもと思い、「誰があげているか分かりましたよ」、と伝えると、
その方もよく知っていました。

最初は困るわね、という口調だったのですが、
話をよく聞いてみると、
自分によく懐いている猫で、自分の自宅近くで餌をあげていたが、
こっちであげる人がでてきたからあまり会えないということ、
そしてこの子は赤ちゃんを産んだばかりだと言っていました。

キューさんも一緒でしたし、私も中途半端なことは言えないと思い、
すぐにそこを立ち去りました。

その後ネットでいろいろ読みました。
いろいろな意見があります。

餌をあげること自体が悪いことではないと思いました。
でも、餌をあげて、避妊去勢もせずに、増やす結果になってはならないと思います。
誰も本当の意味で責任をとらないならば、結局不幸な猫を増やすだけです。

猫は年に3回くらい出産できて、1回あたり5匹くらい産まれるそうですね。
そんな勢いで増える猫を、餌やりだけをしている人は責任を持てるのか、
考えてもらいたいなと感じます。

かわいそう感情だけでエサをやることは、偽善ではないでしょうか。

うちの県では、野良猫に対するリーフレットを出しているようです。

また餌やりの方に会ったら話してみようと思います。


人気ブログランキングへ
タグ : 野良猫 餌やり
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫