散歩の引っ張りについていかない

 2016-01-14
床暖房は気持ちがいいわーんと言って私の手にべったりそってスリスリするキューさん。
かわいい!

さて、PONOPONOのグラ先生が、お散歩レッスンの動画をアップしてくださいました。
PONOPONO リードワーク
とても分かりやすいので、ぜひご参考にしてみてください。

引っ張りには、衝撃をかけずにしっかりリードを固定して、またガツンとならないように気をつけて緩めるを繰り返す…
そして、犬の引っ張りや速足に、人間がついていかないようにするということが大事だそうです。

もちろん、リーダーウォークといわれるような、犬を横につけて歩かせるためのものではありません。
速足や引っ張り散歩を続けていると、興奮し、犬には大きなストレスがかかります。
そしてその興奮が、噛みつきや家具の破壊などの行動に繋がってしまいます。

私は初めてグラ先生のカウンセリングで、散歩風景を動画で撮って見て頂いた時、犬のスピードについていってしまっていると指摘されました。

しかし、その時は全然ついていってるつもりがなかったのです。
これでもゆっくり歩いてるつもりだけど違ったのか!と驚いたものです。

そして一度理解しても、時間が経つにつれ、まただんだんついて行ってしまってるんですよね…
『引っ張りについていかない』には、結構意識して注意して歩く必要があるのかなと思いました。

これを続けていると、本当に変わってきます。
まったりゆったり散歩の参考にもなると思うので、是非ご覧くださいませ〜!

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

速足散歩がなおらなかった理由を分析

 2015-12-17
道路の真ん中で割り箸カミカミしていたキューさん。

車がきそうだったので、『車きたからそれもってこっちおいで〜!』と声を掛けると、車がUターン。
あ、大丈夫だったよと言った頃にはもうキューさん割り箸咥えてよけようとしていたところでした。
じゃ、よけようか!と2人で歩道へよけました。

ほんの小さな声で車だよ!とか言うだけで反応してくれるなんて前まで考えられませんでした。

コミュニケーションがとれてきて、その分お散歩も楽しくなりました。

平日もそこまで興奮することなく、ずいぶんゆっくり歩けるようになりました。
私の気持ちも色々と変化がありましたし、気付いたこともいくつかありました。

速足散歩は比較的早くなおると聞いていたので、どうしてキューさんの速足はなおらないんだろうとずっと思っていました。

すぐに、PONOPONOのグラ先生のおうちのルルさん級にゆっくり歩けるようになると勝手に思い込んでいたんです。
それは違うって思えたの、結構後からです…(ー ー;)

そして、夜は散々留守番をさせたあと、しかも暗い中、更には駅前のザワザワしている環境…
そんなところでゆっくり歩いてなんて無理があるよねと思うようになりました。

かといって他の場所は怖がるので、今の場所でもなるべく興奮しないように気をつけようと考えました。

だけどやっぱりなかなかゆっくりにならない。。
興奮しているから、固定の連続になり、固定するのを嫌がって更に速く歩こうとする…そんな風に見えました。
衝撃はかからないように気をつけて固定しているはずだけど…

PONOPONO実践者さんにも相談しました。
『普段リードが緩んでいることで、固定や交渉も聞いてくれやすいよね』という言葉を聞いて、ほんとそうだと思いました。

だけどやっぱり速足には固定しないとだしなぁ〜と悶々と過ごした日々。

そしてようやく、少し気付いたことがあります。

速足と一言で言っても色々じゃないかと。
そしてその時の気持ちも色々じゃないかと。

興奮している時の速足。
物音などにビックリした時の一時的な速足。
興味をそそるものがあった時の一時的な速足。

…私はこれらの速足に、全て同じようなタイミング、同じような強さで固定していました。

3メートルのリードの範囲で、もちろん伸ばしっぱなしにはしませんが…
興奮の引っ張りでなければ、ちょっと小走りする瞬間を見守ってもいいのかもしれないと思ったのです。

興奮の引っ張りなら固定を続け、その他の速足には、状況に合わせて固定を少し弱めたり、見守ったりしてみました。

そういうことを続けた結果、ゆっくり歩く時間が増えてきたと思います。

それに、色々な動画を見ていると、そもそも固定しなくても良いスピードの時も、固定してしまっていたように思います。
ルルさん目指してたんで…

こんな私の解釈があっているかは分かりませんが、結局私、やっぱりキューさんの本当の気持ちを察して配慮しようということが欠如してたんだと思います。

『これくらいのスピードで歩いてほしい』とか、『そっちは人が多いからやめた方がいいんだけど…』とか…
こちらの希望を押し付けて、その時々の声を聞いてなかったんだと思います。

まだまだ興奮や不安のある散歩もしますが、キューさんの気持ちを考えて、行動も伴うように努力したいです。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫