拾い食い ちゃんと見分けるよ

 2016-12-13
むしゃむしゃ…何やら美味しいものがあったようです。

今朝、カラスがゴミ袋を荒らしたあとがあり、その残りで怪しげな謎の物体が落ちていました。

キューちゃんは、それをクンクンして咥えてみてはすぐ口から出し、口の中を少し気持ち悪そうにペロペロするのを2回ほどして、結局食べず持ち帰らず、そのままでした。

そのあとまた同じ場所をとおりましたが、今度はクンクン匂いを嗅ぐだけで終わりました。

ちゃーんとこれは食べられそうか、考えていることがよく分かりました。
でも結構気になる物体だったようです(^_^;)

少し歩くと、今度はコンビニの唐揚げが入っていたような紙袋を見つけました。
これはお宝です。

キューちゃんは見つけるなり、それをうまくひろげてペロペロと舐めていました。

すると、そこを一度通り過ぎた市のシニアのゴミ拾いの方が近づいてきました。
これは危ないと思い、キューちゃんとの間に入って立っていました。

案の定、「ゴミどこに落ちてたんだい!そんなの食べて!お腹こわすからダメだぞ!」と、キューちゃんに向かって言いました。
一瞬おじさんをジーッと見てかたまりましたが、すぐに構わず舐め始めました。

私は間に入ったまま、手には回収袋を持っていたので、「自販機の隙間にあったんです。大丈夫です。終わったらすぐに片付けて持ち帰りますので」と言うと、その場を離れてくれました。

おじさん、キューちゃんの嗅覚にはかないませんでしょう(^-^)
キューちゃんが先に見つけたんだからそっとしておいてくださいよね〜

少しの間のペロペロが終わると満足し、歩き出しました。
即回収すると、まだ取られる!という感覚で取り戻そうと興奮する可能性があるので、2メートルくらい前に行って後ろを気にしてないタイミングで回収します。
全く何事もなかったように。

過剰に反応しなければ、食べられないものを食べるようにはならなくなるし、食べられるものでもたくさん食べている時などにそろそろやめておきませんか?という声にも耳を傾けてくれるようにもなります。

拾い食いは絶対ダメとばかりにリードをグイっと引っ張ったり叱ったりしては、拾い食いが強化されるか、萎縮した子になってしまうかではないかと感じます。
人と安心してお散歩するようになるためにも、拾い食いには大らかでいることがオススメです!

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ : 拾い食い 興奮

前世は猫!?

 2015-09-16
ペロペロ〜ここ結構イイお味するんですよ〜(*^^*)

ここは飲食店の裏にあるゴミ置き場ですが、
毎度ペロペロしております。
よほど美味しい味がするんだね〜

今朝はちょうどこのゴミ置き場のゴミを、
いつものゴミ収集のおじさんが回収しているところでした。

昨日もおじさんの近くでお魚食べていたので、
二日連続で「前世は猫だな!?」と言われました。
おじさん、出会った当初は何か食べていると
「お腹こわすよ〜」なんて言っていましたが、もう言わなくなりました。笑

キューさんがよく獲物を見つけるのもありますが、
他のワンコさんはちょこっとつまむのを許されていないこともあって、
余計にキューさんの拾い食いが目立つのかなと思います。

実際、私も他のワンコさんが何か食べているところをほとんど見たことがありません。

拾い食いをしていると心配されることがありますが、
タバコなどの危険なものは絶対に口にしないので、
ちゃんと自分で判断しているので大丈夫です。

間違って腐った肉を口にしてグエェ〜となったことがありますが、
すぐに変なものを食べてしまったことに気付いてやめましたし、
それでゲーっと吐いてしまったとしても
これもまたキューさんにとって勉強だと思うのです。

さすがに腐った肉で急激に体調が悪くなった時には焦りましたが(・・;)

だけどそれで拾い食いをやめさせようなんて思いません。
躾でどうこうしようなんて思いません。

やめさせようとすると余計に執着するし、
これは食べられるか食べられないかの判断を自分ですることができなくなります。
興奮度がとても高かった時は、何でもかんでも食べていましたが、
今はクンクン嗅いで、これイイね!というものだけ頂きます。

意思ある相手として、相手を信じて任せることが、とても大事だと感じます。

なによりキューさんがそれを食べてみたいんだから、
舐めてみたいんだから、
匂いをかいでみたいんだから、
それに私はついて行き、近くで寄り添わせてもらうだけなのです。

今日はどんなものに興味を示すのかな(*^^*)?

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★

人気ブログランキングへ
タグ : 拾い食い

むやみに食べないよ

 2015-08-24
魚の居酒屋の裏に落ちていたゴム手袋。。

アリさんがたくさんいたので、何か美味しい味がついていたのでしょう。

あのアリさんの数を振り払ってゲットしたので相当良い匂いだったと思われます。

必死に噛み切ってゴムが少しちぎれました。
それを口の中にふくんでカミカミ一生懸命食べようとしていましたが、
あれれ?食べれないぞ?口からすぐにペッと出して終わり、
残りのゴム手袋もこれは食べられませんと諦めていました。

その後も、プラスチックの破片が落ちていましたが、
口に同じように一瞬入れましたが、すぐにペッと吐き出しました。

食べられるもの、食べられないもの、コマンドなんか使わなくても分かるよね‼

そういえば先日、久々に他のワンコさんの糞をいただいておりました。
最近は匂いをかぐだけでスルーなので珍しいなぁと見つめていました。
実物をもろに見るとまだウワっと思わないでもないのですが、
薄暗い時であまりどんなのか見えず、良いものが見つかって良かったですね!と
眺めていられて良かったです。笑

食べたあとのキューさんは臭かったですが、
キューさんが食べる糞の匂いに共通していることが分かりました!
あ、嗅いだことのある匂い!笑

キューさん、ちゃんと選んでいるよねぇ〜(^.^)

その日は車で散歩に連れて行ってもらった日だったので、
夫はくさっ!と嫌がっていました。

翌日ちょうど雨が降っていたので、匂いはすっかりとれました。

拾い食いに対して、やみくもに、あれこれ全てダメと言っていると、
余計に執着してしまうし、本当に食べてはいけない危険なものがあった時に、
これは食べられるかどうかの判断を冷静にすることができなくなってしまうと思います。

何よりダメダメ言われている散歩なんて息苦しくて、全然リフレッシュできないよー!

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
タグ : 拾い食い

1年記念 キューさんの変化

 2015-07-24
本日もデッカイ魚に遭遇‼
カラスさんが食べてたのに奪いました(・・;)
デッカイの2つ、ほとんど身はなかったけどあっち食べたりこっち食べたり。


さて、お付き合いありがとうございます。
これで1年記念の振り返り最後、キューさんの変化です。

変化と一言で言ってもたーくさんあるんですよね。
なので大きな変化を書いてみます。
少し記憶が前後するかもしれませんが、
変化に気付いた事柄を順に遡って振り返って…

数日前の記事にも書いたように、私への噛みつきがすぐになくなりました。
これは嫌がることをやめたから。とてもシンプルですね。

次に気付いた変化は、少しずつ表情が豊かになってきたことです。
それと同時に、甘えたいとか、散歩行く!とか、
そんな自分の気持ちを表現してくれるようになりました。
これは本当に嬉しいことでした。
イキイキしている様子に、何度もウルっとしたか分かりません。

躾をしていた時は、そんな感情に気付こうともしていませんでしたから、
キューさんは当然、気持ちを押し殺し、
そして、時に、興奮や噛みつきとなって爆発していたのだと思います。

それから、拾い食いもわりと早い段階で落ち着きました。
拾い食いに反応せず、ただひたすらキューさんに任せていました。
最初の頃は、個体と分かれば口に入れる状態だったのが、今は匂いを嗅いだとしても、
それで終わるか口に入れてペッと吐き出して終わり。
食べ物や草、木の枝をカミカミして、その流れで食べたりはしますけど、
食べて大丈夫なものとそうでないもの、ちゃんと判断しているので尊重しますよー!

ただ、今も家の中に置いている段ボールなどをちぎって食べていることがあります。
外にあったら食べないのに、家の中だと食べる…家の中が居心地悪いのか…
ということで、夫が棚を買ってくれたので、食べそうな物はそこに置くことに!
人間側が、工夫したり努力したりしないとね(^○^)

そうそう、かなり大きな変化はお外で排泄するようになったこと!
実家に1ヶ月預けて間も無く、外で排泄してるよ?と母に言われて
嘘でしょ!!と思いました。
その証拠写真を送ってもらってはニヤニヤしていました、変態。

しかし、また我が家に戻ると排泄をしなくなり、その期間が長らく続きましたが、
春頃から、外での排泄やマーキングが当たり前になりました!
まだまだ外は怖いことがあるようですが、
それでもだいぶリラックスできるようになった証拠だと思うと感慨深いものがあります。

そしてそして最近の大きな変化。
ちゃんと自分で考えて行動することが増えてきたことです。
少し前に記事にしましたが、
興奮しそうな時や、興奮してしまって気持ちを落ち着かせたい時、
なんだか不安だなって時、
そんな時は私に寄り添うことで少し安心すると分かったようで、
助けを求めてくるようになりました。

以前なら、とにかく興奮したらそのまま突っ走り続けたり、
どうしていいか分からずイライラしていたりしていましたが、
こうして落ち着く、安心する方法をみつけたキューさんは、
興奮することがあっても、色々重ならなければ
すぐにゆっくり歩けることが増えてきました。

それから、以前は私が見えるところに常にいたキューさん。
今では隣の部屋の、普段私とキューさんが寝ている部屋に一人でいたり、
一番離れている寝室に行って寝たり寛いだりするようになりました。
きっと、暑い時や、私が家事をしていて少しうるさい時、ちょっと一人になりたい時、
そんな時に、自分で考えて、判断して移動をしているのだと思います。

きっと、躾をして、人間が指示したり注意したりしていては、
人間の言う通りにすることが第一なので、
そういう成長の機会を妨げられてしまうと思います。
自由に、意思を尊重してきて本当に良かったなと実感しています。

PONOPONOに出会うことができて、
キューさんの気持ちとちゃんと向き合ったり意思を尊重したりを心掛けてきましたが、
その甲斐もあって、キューさんのストレスが少しずつ減り、
今こうして、穏やかな表情を見られることが増えてきました。

1年前には本当に考えられない姿です。

ですがストレスマネジメントには終わりはありません。
まだストレス行動はみられますし、
落ち着いたと思っても、ストレスをかけるような行動をしたら、
当然キューさんに影響がでてきます。

相手を思いやる気持ち、配慮する気持ちを忘れず継続していけばみんながハッピー!
そんなことを常に大事にしていきます。

PONOPONOに、そしてキューさんに、
たくさん気付かせてもらったこの1年。
まだまだ私は成長が必要だけど、ここまでこれたこと、心から感謝でいっぱいです。

これからも、キューさんと、夫と、三人で、
ニコニコご機嫌に暮らしていきたいと思います。


人気ブログランキングへ

僕の奪うな!!

 2015-07-10
昨日は夫が先に帰宅していました。

帰宅時、夫は部屋にいて、キューさんの様子はいつも通りでしたし、
帰宅後キューさんとイチャイチャしていたところに部屋から出てきてやっと気づきました。

イチャイチャ中の私たちの前に夫が座り、話をしていました。
少しすると、キューさんは夫のもとへ行き、足の間にちょこんと座ると、
片手をあげて、なでて、と言いました!
なでて!って言ってるよと教えると、夫が得意のマッサージをしました。

するとキューさん、とっても至福の時〜という表情をして、
本当に可愛かったです(*^^*)
ナデナデ具合は夫の方が上手みたいです(・・;)

その後の散歩で、キューさん、気になるものをみつけました。
暗くて何かよく見えませんでしたが、何かの実のようでした。
すぐに興味がなくなったようで、食べたりせずに別の方へ行こうとしました。
しかし、私の歩き方、歩く方向が悪かったようで、
その実をとるな!!という感じで急いで実を咥え、
必死にお宝隠し場所である公園へ向かいました。

あ〜キューさん、奪う気なんてなかったのよ〜ごめんごめん〜と思っても、
それはどうにもこうにも伝わらず、必死に引っ張り小走りでした。

拾い食いに敏感に反応して、追いかけたり奪ったりしてきたので、
その記憶がトラウマのように残っているのだと思います。
本当に申し訳ないと思います。

公園の隠し場所までくると、口からポロっと実を置いて、
あとは興味を一切示しませんでした。

拾い食いには反応しないようにしていますが、
先日久々に、自分のウンチを食べようとしたところが視界に入り、
思わず「ハッ」と、驚いて息を吸い込む音が出てしまいました。
その時は、キューさんも身体を少しかたくして私を見て、
食べるのをやめたのです。

過去の、あからさまに拾い食い禁止にしていた態度に加え、
今もうっかり態度や空気に出してしまうことによって、
キューさんがのびのびと自由に過ごすことに、悪影響を与えてしまっているんだなと、
改めて反省したのでした。

ところで昔は食糞を問題行動として捉えて頭を悩ませていたわけですが、
落ち着いていくにつれ、まず回数が激減したので、
食べる機会そのものが減りました。
朝晩の散歩でしかしない日もあります。

それから他のワンちゃんの糞も一時期食べまくりでしたが、
この2.3ヶ月は食べていないように思います。
昨日は落ちていたのに気付いて、クンクン匂いを嗅ぐと、
「なんだこの臭いの!」という様子で飛び跳ねて逃げていました(^_^;)
…あんだけお好みのようでしたのに面白いですねぇ。

食糞は、犬にとっては自然な行為。
人間にとって嫌なだけ。
もし頻繁に食べるなら、それはストレス度が高いということ。
他の拾い食いも同じですね。
食べられるもの、食べられないものの判断がつかなくなっているのは、
それだけ興奮している証拠。ストレスが高い証拠。

そこで私たちにできるのは、拾い食いや食糞をしていても、
騒がず、焦らず、そっと待っていること。
そして普段の生活で、ストレスを減らしていけるように最大限努力すること。

それが頭にあっても、先日の私のように、うっかり反応してしまうと、
人間の反応ばかりを気にして自立心を育てることもできないですし、
リラックスして過ごすことができません。
そして、本当の信頼関係は築けないですよね…(T . T)

だから、昨日は奪うようなつもりはなかったのに、
キューさんがあのような行動に出たのだと思います。
日々、反省&改善です。


人気ブログランキングへ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫