頼ってくれる喜び

 2017-04-30
バーベキューの後の落し物を食べるキューちゃん。
しかもカラスが先に食べてたのにジリジリと近づき奪いました(・_・;
カラスさんは遠く向こうにうつってます。

今朝の散歩で嬉しいことがありました。

のんびり散歩をしていたのですが、途中、急に右耳を下に傾けて、時折頭をブルブルと振るしぐさをしました。
右耳を傾けたまま早足になり、途中で後ろ足で搔き出しました。

幼犬の頃に外耳炎になったことがあるので、少し心配になりました。
大丈夫かな?と思いそばにしゃがむと、キューちゃんは私に身をゆだねてきて、耳をみてーといっている感じでした。

そっと毛をかき分けて耳の中を見ようとしても嫌がらず確認させてくれました。

外耳炎の時のような臭いもしないし、きれいだし、大丈夫そうでした。
その時は特に何か異物が入っているようにも見えませんでしたが、もしかしたら虫でも飛び込んできたのかもしれません。

耳の中を見たあとも、私の手に耳をこすりつけてくるので、少し掻いてあげました。

その後すぐに散歩を再開し、今も同じような仕草はしないので、大丈夫そうです。

こんな風に困ったときに、頼ってくれる、身をあずけてくれることが、とても嬉しかったです。

キューちゃんがまだ幼犬の頃、私はリーダー論、主従関係を信じており、無理矢理お手入れをしていました。
爪切りは、最初はやらせてくれていましたが、一度深爪してしまいキュンっと鳴いて嫌がったのを抑えつけてやり続けました。
ここでやめたら犬が調子に乗るとかワガママになるとか、そんな風に考えていたからです…

それからシャンプー、耳掃除、歯磨き…どれも特に必要がないと今は分かりましたが、それらも定期的にやっていました。

PONOPONOを通じて犬の感情やカーミングシグナルを知り、初めて、どれだけ嫌なことをさせてきたかを思い知らされました。

お手入れは大の苦手になっていましたので、必要のないことは全てやめて、爪切りだけ、慣れている獣医さんにササっとやってもらうようにしました。

この人は、嫌なことをしないんだ、安心していいんだ、と思ってもらえるよう、とにかくそっとすることを心がけてきました。

それが今日のように、自ら耳を見て欲しいと頼ってきてくれたことに繋がったと思うと、感無量なのです。

私や夫の至らなさ、生活環境で、怖い思いや不安な思いをさせることもまだまだあると思いますが、少しずつ変わってきていることが嬉しいです。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫