サイト『犬育て辞典』ができました!

 2016-02-23
最近お魚に全然出会えていないキューさん。
匂い嗅ぎにてっします。


この度、PONOPONOプロデュースの『犬育て辞典』というサイトをつくりました!!
グラ先生やインストラクターの方々と記事を書いています!
犬育て辞典

サイトを作りたいと思ったきっかけは、自分自身が犬を迎えてから、ネットに溢れている情報に翻弄されて躾をし、犬を苦しめ、どうして犬を迎えてしまったんだろうとまで思ってしまったことにあります。

自分は犬のリーダーにならなきゃ、犬にいうことを聞かせなきゃ、そんなことばかり考えていました。

だけどちっとも思う通りにならず…そもそもこの思う通りにするという考えが間違っていたということにも気づかず…
噛みつきや興奮、そして鬱のような表情の愛犬…家族みんながどんよりしていました。

犬の気持ちを大事にするPONOPONOに出会い、感動しました。
こんな情報にもっと早く出会っていれば、全く違う選択をしてきたし、何より愛犬に嫌な思いをさせず、みんなが幸せにになれたのにと思ったのです。

サイトの項目は以下のとおりです。
・犬のことを知ろう
・犬を迎える
・犬の散歩
・犬の問題行動と躾
・犬の健康と病気
・犬の食事
・犬の老化
・犬とのレジャー
・災害と犬
・犬をとりまく現状
・犬を飼う前に
・その他
・Q&A

これからもっともっと、犬も人も一緒に幸せになるための情報をUPしていきます。

犬と暮らしている人、これから迎えたいなと考えてる人、是非多くの方に見て頂きたいサイトです。

こんなことに、共感してくださる方がいらしたら、是非、犬育て辞典をお気に入りに登録して頂き、各記事にある、Facebookのイイネをクリックしていただけたら嬉しいです。

新しい記事ができたら都度お知らせしますので、ご協力をどうぞ宜しくお願いいたします!

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ

興奮のきっかけを知って機会を減らす

 2016-02-09
キューさんは、小さい頃から興奮しやすいです。

そこに私が厳しい躾をしてきたこともあり、余計にそうなったと思います。

留守番の影響もあると感じます。

そんなキューさん、先日、クローゼットの中身入れ替えを実行してから、興奮することが減りました。

私とキューさんがよくいる部屋にあったクローゼットに夫の服。
夫が寝ている寝室のクローゼットに私の服。
中身があべこべになっていたので、それを変えました。

夫の存在が、キューさんの興奮材料になりやすいのです。
夫が仕事へ行く時、帰宅した時、立って動き出した時、このタイミングが一番興奮します。

随分減りましたが、今も興奮して足元を追いかけ噛みつこうとすることがあります。

夫にもゆっくり歩くこと、噛もうとしたら止まって落ち着くまでじっとしてほしいこと、お願いしています。
やってくれることもありますが、忙しい時はあまり聞いてくれません。

ですので夫のことを気にして追いかけるような様子があったら間に入るようにしています。

物理的に行けないようにする…。

最初は私をすり抜けて何とかして夫を噛もうとしていて、あまり変わりませんでしたが、今はまいっか!と落ち着くことが増えてきました。

そしてクローゼットの中身を入れ替えたことで、必然的に夫がキューさんの前をウロウロとすることが減りましたので、その影響も大きそうです。

興奮スイッチが入る機会が減ったので、当然落ち着いていられることが増えてきました。

これは本当に良かった。
早くやるべきでした。

夫にも協力してもらわないといけないこともあるので、夫も気持ちよく家で過ごしてもらえるように心がけようと思います。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
タグ : 噛みつき 興奮

躾はしないって甘やかしだと思ってた

 2016-01-04
昨日の夜。

夜ご飯を作っている間ずっと寝ていたキューさん。
合間にリビングに座るとトコトコと歩いてきて、私の上にすっぽりはまって寝ました。
可愛い〜(*^^*)

昨日夕方散歩をしていると、向こうからきたおじさんに、話しかけられました。
『この犬種は飼い主の言うことしか聞かないんだよな』
直後にキューさんはおじさんに擦り寄っていくと、『おーでもこの子はいい子だなぁ。』とキューさんを撫でました。

やはり世間では、犬は人の言うことを聞いて当然。それがいい子。そういう考えが一般的なように感じます。

私もそう思っていました…。

犬は人間のいうことを聞くべき。
人間がリーダーになるべき。
そのために躾をしっかりすべき。
そう思っていた考えは、今は180度変わりました。

躾に燃えていた時期に、ネットで時々、優しくしようというようなものも目にすることがありましたが、『甘やかしだ』『犬がバカになるぞ』などと鼻で笑って読んでいました。
お恥ずかしいですが…

ではなぜその考えが変わったかというと…。

今考えたら当然なこともあるのですが・・
・犬にも感情や意思が、そして権利があるってことに気付かせてもらったから
・私が問題行動だと感じていたこと(噛みつき、興奮、引っ張りなど)は、愛犬の苦しみや悲しみ、恐怖の訴えの表れだったと知ったから
・犬のリーダーであろうとすることは、犬を見下し、犬の人格を無視する傲慢な考えだったと反省したから

そんなことを気付かせてくれたのが、PONOPONOです。
PONOPONOに出会えて本当に良かったと心から思い、感謝でいっぱいです。

◆PONOPONOを立ち上げたグラ先生のブログ→ドッグウォーカー博士のスローライフ
◆PONOPONOサイト→PONOPONO アニマルライツを尊重する犬育て

優しくしたら、優しさがかえってくるんですよね^^
相手を支配しようとしたら、敵対するだけですね><

まさに人間同士の争いと一緒・・
人間と犬との間にも、優しさと思いやりが何より大事なんですね。

キューさんが我が家にきて、もうすぐ2年。
もっともっとPONOPONOを自分の中に落とし込んで、みんなで益々笑顔で暮らしていきたいです。

あ、そうそう。おじさんと一緒にいた奥さんが、毛並みがいいわねぇ〜綺麗な子よ!と。
するとおじさん、洗ってんだよ!ですって。
シャンプーなんて全くしませんよ、と心の中でニヤニヤしておきました。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ

嫌がることをしなきゃいいのに!

 2015-12-22
今朝は私は健康診断で、夫も直行で朝ゆっくりの出発でした。
おかげで散歩は陽がでて温かい時間帯に行けました。
それまでまったり過ごしていたこともあって、散歩の落ち着き具合が全然違います。

散歩から戻ったあとも夫にベッタリ甘えるキューさん。


この時はのんびりしてましたが、夫がご飯を食べたあと、キューさんは夫の元へ行き、少し噛みました。

だけど夫の自業自得なのです。

キューさんはただ夫の上に座ってのんびりしたいだけなのに、持ち上げてあやしたり、嫌がる触り方をしたりしました。

嫌がってるからやめて!と何度もお願いするのですが、「嫌がってないよ〜喜んでるんだよ〜」と子どもみたいな発言…。

そのうちキューさんやめて!のシグナルを聞いてもらえないので、当然ながら噛もうとします。

そうなってから初めて、痛いよ!なんて言ったって、聞いてくれるわけがないですね。

だって自分がやめて!って言われるのを無視してきたんだから、キューさんだって身を守ろうと必死になります(。-_-。)

噛まれた時も、痛い!とすぐに手をよけます。
その動きに反応して、キューさんは興奮するので、また噛みに行こうとします。

その都度、動かないで!とお願いし、夫の手を私の手で覆い隠すと、すぐに噛むのをやめます。

今朝はこれを何度も繰り返しました。

も〜子どもに嫌がることはしないでね、と言った方が分かってくれるんじゃないかと思うほど!

キューさんも嫌がることされるのに、夫がかまいたい時に呼ぶとすぐに行くんですよね…(ー ー;)

一体どのように言ったら分かってくれるかなぁ〜。
困りものです。。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
タグ : 噛みつき 興奮

年単位でストレスマネジメント

 2015-11-13
駐輪場の隅の草むらで、何やら見つけてカミカミするキューさん。

最近はずっとコンクリートばっか歩かせていて申し訳ないなぁ…

散歩とご飯のあとの甘えタイム。
私の手に顎をのせてウトウトしました。

キューさん、今も夫に興奮しがちです。

特に朝、夫が起きてきてリビングで歯を磨いている時や、
会社へ行く時は、興奮して追いかけたり、噛み付いたりします。
手や足を噛もうとするので、私が間に入ってガードします。

すると一生懸命私ではない夫の皮膚を探して噛もうとします。
私だと分かると噛まないのはある意味すごい…

噛まれたら夫も痛いけど、キューさんは興奮で心臓バクバク負担がかかるし、
とてもしんどい顔つきで、本人の叫びが伝わってきます。

夫は基本、噛まれても痛いよやめて!なんて言うくらいなので、
私がせっせと間に入ったり、会社へ行くタイミングには、リビングのドアをさりげなく閉めておきます。
さりげなく!じゃないと、逆に「追いかけたいんですけど!!」と興奮したりソワソワしたりします。

今朝も歯磨きをする夫に噛み付こうとしたので、すかさず間に入ると、
諦めて、でもイライラして少し走っていましたが、すぐに私たちの近くに戻り、横になりました。

興奮からの立ち直りが結構早いタイミングでできるようになってきましたし、
平日でも落ち着いていられる時間がとても増えてきたと思います。

平日夜も、そういえば落ち着いてるね?という言葉をよく夫に投げかけています。

PONOPONOを始めると、「気がつくと」落ち着いてきた!苦手なことができるようになっていた!
ということがあると、よく聞きます。

対処法ではなく、根本的に接し方や環境を見直すすことで、
ストレスを減らしていけるように努めるので、結果がすぐにでるわけではなく、
変化が見られるのは年単位だったりするそうです。

うちは共働きの長時間留守番で、散歩環境も良いとは言えないし、
私の理解力や配慮も足りなかったりするので、余計に時間をかけさせてしまっているかもしれません。

それでもじっくり諦めずに取り組むことで、少しずつですが、間違いなく変化が見られるのです。

無理をせず、ゆっくりでも、続けることって大事だなと思います。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫