躾では吠えやまない

 2016-01-15
昨日は本社で研修があり、家に帰宅するのが1時間も遅れてしまいました。
業務時間外の研修は困るなぁ…

遅く帰宅したあとのキューさんは、いつも通りで安心しました。

ただ、夜に私が布団に入ってから、廊下の方を見て警戒吠えをしていました。
キューさんと過ごす時間が短い日は、ソワソワしたり、こんな風に警戒吠えが少し増える気がします。

不安の強い吠え方だったので、すぐに布団から出て、一緒に見に行きました。
すると、寝室の前で吠えます。

夫がテレビをつけて見ていた部屋です。

「キューちゃん、◯◯だよ?大丈夫よ。」とドアを開けずに口頭で伝えると、安心したようです。
すぐに一緒に布団に戻りました。

吠えることをとても気にする方もいますが、不安を取り除いてあげればだんだん減ってくると思います。
物事に警戒して吠えるのは犬として普通のことですが、それを怒ってやめさせようとする躾もよく聞きます。

ペットボトルを落とすとか、壁を叩くとか…

警戒しているところにそんな怖いことをしても、意味がないどころかもっと不安になりますよね>_<

警戒している理由を探って、あれは◯◯だから大丈夫だよ〜とか、ビックリしたね!と気持ちに共感する方が大事だととても感じます。

キューさんも原因が分かったことで安心して吠えるのをやめましたが、もっと不安が強い時は、なかなか吠えやまないこともあります。

なるべく安心できる環境をつくるべく、私自身も穏やかな気持ちをキープするよう心がけます。

来週月曜は年に2度の大きな会議で遅くなります…。
今日は早く帰るぞ!

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
タグ : 吠え 警戒吠え

犬の興奮は人間が要因!?

 2015-07-11
朝からカフェラテ!?大人じゃ〜ん(^○^)

自転車の匂い嗅ぎ。目を見開いて随分真剣に長いこと嗅いでましたがなんでしょね?


今朝の散歩は穏やかな散歩となりましたが、
昨日の夜散歩はスタートしてすぐから事件があって、
ずっと興奮&恐怖の散歩になってしまいました。

事件とは、おじさんが小さなワンコを2匹一緒に連れて歩いていましたが、
1メートルちょっとくらいの短いリードで、且つそれをかなり高い位置で持って、
ワンコさん達を釣り上げ引きづり状態で歩いていたのです。
ワンコさん達は必死に歩いていて、歩く方向もおじさんが決めてスタスタ歩くので、
ワンコさん達はからまったりぶつかっまりしながら歩いていたのです。

その子たちに角で出くわしてしまい、
キューさん興奮、あちらのワンコさんも興奮でした。
おじさんは構わず吊り上げ引きづり状態でそのまま去っていきました。

その直後に、姿は見えないのですが、どこかでワンコさんが
わんわん吠えていて、キューさんの興奮に拍車がかかってしまいました。

同じワンコさんに出くわすのでも、
相手のワンコさんを連れている人間側の対応によって、
キューさんの興奮度とその後落ち着くまでの時間にかなり差があるように思います。
そして、その後の別の興奮材料に出くわした時に、どれだけ反応するかも変わってきます。

最近、雨の日以外の夜散歩で頻繁に会う別の方がいますが、
その方は普段はゆったりワンコさんと歩いているのですが、
一度ワンコさんが興奮してワンワンしてしまうと、
飼い主さんも一緒になって大騒ぎしてしまうのです。
「ダメダメダメダメーー!!」か、「うぇうぇうぇうぇーー」と叫びます><
キューさんもそのワンコさんもその声で興奮に拍車がかかっていると思います。
先々週あたりは連日そのような状態だったので、
「静かにしてもらえませんか?」と一言言ってしまうほどでした。。

「あ、すみません」と謝られましたが、どうやら癖になっているのかもしれません。
その数日後、そのワンコさんが他のワンコさんと出くわしているのを
遠目で見ましたが、まだ吠えていないのに飼い主さんが先に
「うぇうぇうぇうぇーーー」と言ってワンコさんがその後に吠えるという現場を見ました。

犬の興奮は、人間の態度や言葉が原因になっていることがよく分かる出来事でした。
まずは人間が、落ち着いて、冷静に、穏やかに振る舞うことができるよう、心掛けたいですね。
そのためにも、普段から私たち自身もストレッサーを受けても、
うまく対処する精神力をつけていくことが大事だな~と感じます。


人気ブログランキングへ
タグ : 興奮 吠え
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫