キューさんのご飯

 2014-11-29
今、義理の弟の結婚式がある大阪に向かっているところです。

昨日から実家にあずけてるキューさんは、少し慣れてヤンチャをし始めたようです。
そして太郎のご飯を横取りしようとしちゃっているみたいです。
キューさんはベジタリアンフード、太郎はササミが入っているフード。
気持ちは分かるよ、キューさん(´・_・`)

ご飯のことは、キューさんを迎えてからかなり長いことアレコレと悩みました。

最初は、ペットショップで食べさせていたものを引続きあげてくださいと言われ、
ショップから1袋もらったサイエンスダイエットプロを食べてもらっていました。
その後、嘔吐下痢が多かったキューさん、
獣医さんに1歳になるまでは缶詰がいいですよと言われ、とにかく不安でならなかった
私は言われるがままに指定された缶詰大量注文。

でも、裏面を見ると、着色料という文字が…。

私は自分自身が、6年ほど前に大腸の病気になったことと、夫がわりと健康オタクなので、
食べ物にはわりと気をつけていた方でした。

なのにキューさんの食べ物は何故…(>_<)
キューさんごめんよぉ〜
最初によく調べれば良かったのですが、
ワンちゃんの食べ物も質にかなり差があるんですね。

とりあえず添加物入ってないもの、
ワンちゃんが消化が苦手なトウモロコシなどが入ってないもの、
ネットで口コミなどを参考に探しまくりました。

それでコレだ!と思ったのが、高タンパクフードでした。
中でも良さそうな3種類をローテーションで食べてもらおうと思ってあげていました。

しかしキューさん、これらの高タンパクフードを食べると、ちょっと下痢気味になるのです。
下痢までいかなくても、柔らかい日が続きます。
ご飯の説明に、今まで食べていたものを排除しようと最初は柔らかくなりますと
書いてあったので、そういうことかなと思っていましたが、何ヶ月経っても柔らかいまま…
そして食べ残すのです。

缶詰の時は、かなりがっついて食べていたので、違いが明らかでした。
缶詰の威力ってホント凄いです。笑

そして食べ残すようになったもう一つの原因は、私だったことを後で知りました。
ご飯の前のオスワリ!マテ!食べてる途中でのマテ!ヨシ!の繰り返し…
これ、私、誇らし気にやってましたよ。。
キューさんにストレスがかかっていたとは全く知らずに。
今考えたらおかしな話だってすぐに分かるのに、人間って怖いですね。
キューたん、自由にリラックスして食べさせてあげてなくて本当にごめんね。

話を戻します。
それでも高いご飯なんだから大丈夫に違いない!
うちでは良いものをあげているんだ!
なんて私のエゴで、あげ続けてしまったのですが、
やっぱり心のどこかで違うかもしれない…という心配がつきませんでした。

いくつかの病院で相談しても、提携だろうと思われるメーカーを勧められるだけだったので、
いつの日からか、ご飯の相談はしなくなりました(^_^;)

それで自分なりに考えていきついたのが、
高タンパクフードと、カロリーが低いベジタリアンフードを半々ずつあげること。

結果ですが…私の期待とは裏腹に、もっと食べなくなったんです。
そのベジタリアンフード、私はちょっと食べる勇気が出ないので匂いだけクンクン。
確かに、今まであげたどのご飯よりも匂いがなく、
こりゃきっと味気ないんだろうなぁ〜という感じでした。

また考え直さなきゃ(>_<)と思っていた時期が
グラさんにカウンセリングを申し込んだ時と重なっていたので、
カウンセリングシートにご飯の悩みを書きました。
すると、とても具体的なアドバイスを頂きました!!

噛みつきなどがある興奮度の高いワンちゃんは、ベジタリアンフードがいいと!
でも、私があげていたのは、やっぱり味が薄いからコッチがイイですよと!!!

もう感動でした。
ずっとずっと悩んでいたことに、明確な回答をくださったので、
大興奮で、即、楽天クリックしてました。笑

ちなみに、ナチュラルバランスのベジタリアンです。
まだストレスもあり、一気に食べたり、散歩を挟んで2回に分けて食べたり波ありですが、
とても順調に食べてます!
悩んでいた下痢なども、そういえばずっとないんですよね(^○^)

これは絶対イイものだから喜ぶはず!とか健康にイイはず!って
なりがちな私なので、気をつけようと思います。
もう少し私に余裕が出てきたら、手作りご飯も挑戦してみたいな。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
スポンサーサイト

迎えた初日~翌日 早速体調不良・・

 2014-10-26
2013年1月12日 生後58日
ペットショップで手続きを済ませ、夫の運転で我が家へ。

早速サークルの中に入れてあるトイレに誘導。
すぐオシッコできました!
ワンコを室内で飼うのが初めてなので、トイレが結構不安でした。
安心したところでサークルから出して10分ほど遊びました。

その後、サークルに戻して30分もしないうちに、事件が起きたのです。
ふとクレートの中にいるキューさんを見ると、様子がおかしい・・?
なんと2か所に嘔吐の形跡が。。
まぁー大変><と思ってタオルをとりかえたりしている間に、
あんな小さい身体で一生懸命トイレに移動して、
ほぼ水の状態の下痢と、さらに嘔吐・・

もーーーどうしたらいいか分からず泣きそう・・
この時、20時を過ぎていて、急いで電話したけどペットショップ繋がらない・・

そうこうしている間に、キューさんは水を飲んで寝はじめました。

子犬のうちはよく吐くとか、家に連れてきて環境が変わると云々とか、
そんなのを躾本で読んだ記憶があったので、様子をみることに。

でも不安で不安でたまらず母親へ電話。
そんな状態おかしいから、明日朝一でペットショップに連れて行きなと。。
やっぱりそうだよね。。

そのまま様子を見続けて、
22時過ぎにトイレに誘導してみてオシッコ。
自らクレートに戻りおやすみ。

ピークは過ぎたようだなぁ・・と家事などをして、
23時過ぎに様子をみると、クレートに敷いてあるタオルをめくってゴソゴソ・・
よく見ると、また嘔吐していたのです。。
タオルを取り出してみると、他の2か所にも嘔吐物が・・

あー気付かなくて本当にごめんね。。。
本当に本当に可愛そうなことをしてしまいました。

今なら当然一緒に寝てあげるけど、ワンコと一緒に寝るなんて感覚が
全くなかった私は、サークルに閉じ込め、
同じリビングの端っこに布団を敷いて、寝たのです。。

翌朝。
6時頃に、トイレに嘔吐物と糞(固形)を発見。
どうしたらいいか全く分からないけど、とりあえずご飯の準備をしてみた。
ふやかしたご飯、ほとんど食べず具合が悪そう・・

その時の様子。
749.jpg

その身体はあまりに小さくて、どうにかなっちゃいそうです。

母が連れていきなと言ったペットショップは10時から。
近所の動物病院は9時から。

心配だからとりあえず動物病院へ連れて行こう!!と思い、
クレートに入れてそれをタオルでくるんでタクシーに。(夫は仕事でした。涙)
小さな身体が震えているのが分かりました。
大丈夫だよーと言いながら、私が半分泣いていました。

動物病院、一番乗り。良かった!!!これで助かる!!
そんな思いで先生に診てもらうと、まさかの反応。。

「ペットショップの子は弱い子が多いんだよ。
アレルギーなんてザラだし、○○(←忘れた・・)のケースもある。
うちでは診ないから、ペットショップに責任とってもらいなさい。
場合によっては健康な子とかえてもらいなさい。」

泣きました。

かえてもらいなさいって、どういうこと?
キューちゃん、どうにかなっちゃうの・・?

真冬の寒い中、またキューさんを抱えてタクシーを探す。。
全然見つからない。
寒さが余計に不安をあおるようでした。

やっとタクシーがみつかって、ペットショップへ。
すごーく長く感じたけど、たぶん10分くらいだったんだと思います。
さらにオープンまで長い、長い。
ほぼ食べてなかったのが心配だったので、クレートに固形のままの
ドッグフードを10粒くらい入れていたのですが、
それをいつの間にか食べていたことが、希望の光のように感じました。

やっとオープンし、店員さんに半泣きで、昨日からの様子と、
責任を持って元気になるまであずかってほしいと訴えました。

それから2時間くらいして連絡があり、
寄生虫がいたことが分かったとのことでした。
薬を飲んで1週間くらいで元気になるだろうとのことでした。
原因が分かり、ちゃんと元気に戻るのことも分かったので、
ホッと安心して一気に力が抜けました。

こんなドタバタ、不安だらけのスタートになるとは・・
この一件で、命の重みを感じ、犬を飼うことの責任感がワーっと襲ってきたのです。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
タグ : 下痢 嘔吐 寄生虫
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫