なぜオスワリさせるの?

 2015-04-10
昨日、キューさんの夜ご飯の準備をしている時、
ふと、フセの状態で待っているキューさんが視界に入りました。

むかし、オスワリやフセの練習をさせていたことを思い出しました。

今振り返ると、何故そんなことをさせていたのか思い出せないのですが、
何となく迎える前から、犬にはオスワリやフセ、
マテを教えるものだと思っていました。
初めて買った躾本にも、オヤツを使って教える方法が書いてあり、それを元に練習していました。

リーダー論に目覚めてからは、
リーダーとして立場を確立するためのオスワリ、マテ、でした。
暇さえあれば、コマンドを出して、従わせることで、コミュニケーションをとろう、
それが主従関係構築に繋がる…と。

今言えることは一つ。
オスワリもフセも、マテも、何の意味のないことでした。

そんなことをして喜んでいるのは人間だけで、
犬にとってはストレスでしかありません。

人間で例えたら、強制労働させられていたユダヤ人みたいなものではと思います。
いや、言いすぎでしょ、犬は別に苦しんでいないから、
と思われるかもしれませんが、
うちのキューさんは、そんなことをさせていた時、
常に身体が萎縮していて、目が死んでいました。
まさにあのボーダーの服を着て拘束されているユダヤ人の目と一緒です。

とても辛い写真です。鳴くことはありませんでしたが、心の鳴き声が聞こえます。
2ヶ月前後の子に、首輪とリードをつけて、動きを制限しています…

ご飯はサークルの中で。そしてオスワリ、マテをさせてからあげます。
ヨシ!のあとも、何度かマテ、オスワリで中断させ、
主従関係構築という名の嫌がらせをしています。


グラ先生のカウンセリングを受ける前後。
私が着替えようとしたら、
ズボンの上にのっかって座りました。
着替えちゃダメだよ〜!と得意気な顔で私をからかっているように見えます。
この時は当然、オスワリなどのコマンドはやめています。

こうして写真を振り返るとと、リーダー論から抜け出せて、
本当に良かったと思うのです。
今なら、キューさんの苦しい声がたくさん聞こえてきます。

キューさんとは違って、死んだ目ではなく、楽しそうにしてますから!
と思われる方もいるかもしれません。
でもよく表情をみてもらいたいなと思います。
目がギラついていたり、悲しげだったり、興奮したり、していませんか?

そもそも、犬に命令したり、芸をさせたりせず、
犬の意思を尊重して、ストレスのない生活をさせてあげたいです。

↓ポチッと応援お願いいたします

チワワ ブログランキングへ
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫