頼ってくれる喜び

 2017-04-30
バーベキューの後の落し物を食べるキューちゃん。
しかもカラスが先に食べてたのにジリジリと近づき奪いました(・_・;
カラスさんは遠く向こうにうつってます。

今朝の散歩で嬉しいことがありました。

のんびり散歩をしていたのですが、途中、急に右耳を下に傾けて、時折頭をブルブルと振るしぐさをしました。
右耳を傾けたまま早足になり、途中で後ろ足で搔き出しました。

幼犬の頃に外耳炎になったことがあるので、少し心配になりました。
大丈夫かな?と思いそばにしゃがむと、キューちゃんは私に身をゆだねてきて、耳をみてーといっている感じでした。

そっと毛をかき分けて耳の中を見ようとしても嫌がらず確認させてくれました。

外耳炎の時のような臭いもしないし、きれいだし、大丈夫そうでした。
その時は特に何か異物が入っているようにも見えませんでしたが、もしかしたら虫でも飛び込んできたのかもしれません。

耳の中を見たあとも、私の手に耳をこすりつけてくるので、少し掻いてあげました。

その後すぐに散歩を再開し、今も同じような仕草はしないので、大丈夫そうです。

こんな風に困ったときに、頼ってくれる、身をあずけてくれることが、とても嬉しかったです。

キューちゃんがまだ幼犬の頃、私はリーダー論、主従関係を信じており、無理矢理お手入れをしていました。
爪切りは、最初はやらせてくれていましたが、一度深爪してしまいキュンっと鳴いて嫌がったのを抑えつけてやり続けました。
ここでやめたら犬が調子に乗るとかワガママになるとか、そんな風に考えていたからです…

それからシャンプー、耳掃除、歯磨き…どれも特に必要がないと今は分かりましたが、それらも定期的にやっていました。

PONOPONOを通じて犬の感情やカーミングシグナルを知り、初めて、どれだけ嫌なことをさせてきたかを思い知らされました。

お手入れは大の苦手になっていましたので、必要のないことは全てやめて、爪切りだけ、慣れている獣医さんにササっとやってもらうようにしました。

この人は、嫌なことをしないんだ、安心していいんだ、と思ってもらえるよう、とにかくそっとすることを心がけてきました。

それが今日のように、自ら耳を見て欲しいと頼ってきてくれたことに繋がったと思うと、感無量なのです。

私や夫の至らなさ、生活環境で、怖い思いや不安な思いをさせることもまだまだあると思いますが、少しずつ変わってきていることが嬉しいです。

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

そのお手入れ必要ですか?

 2015-08-27
この横倒し&首ぐいーんってやつ、痛くないのかな?といつも思います(^_^;)

今朝の散歩中、いつも会う同じマンションのワンちゃんが、
ヒィーーーンと、まさに悲鳴をあげていました。
響き渡るくらいの大きな声でした。

どうしたんだ!?と驚いて、私もキューさんも同時にそちらに目をやりました。
離れていたのでよくは分かりませんでしたが、
飼い主さんがしゃがんでワンちゃんに何かゴソゴソとずっとしていたので、
お手入れ系かな?と思いました。

ウンチが毛についてしまったのをふいていたとか、
ブラッシングをしていたとか、そんなところでしょうか。

いずれにしても、お手入れ系はワンちゃんのストレスにならないように、
やってあげたいなと思います。

うちのキューさんはお手入れ全般苦手です。
苦手というか、私が苦手にさせました。

小さい頃は、爪切りをしても何も抵抗せず身を任せてくれていました。
ただ一度、痛かった時があったみたいで、キャン!と鳴いたのです。

当時、リーダー論を信じていた私は、
お手入れを嫌がって途中でやめたら犬にバカにされるとか、犬が偉いと思うとか、
そんなことを信じていましたので、ここでやめてはイカン!と強気に続けました。
ほんとアホ…。

それがきっかけで、爪切りが怖くなったようですが、
その後も夫に抱っこしてもらい、2人がかりで無理矢理切ったりしていました。
夫は噛まれながら…。

とても怖かったと思います。

PONOPONOに出会って、
「嫌がることはしない」という基本を学び、
それからお手入れ関係は封印しました。

しかも、それまでやっていたお手入れって、人間がしたいからしていたもので、
犬にとっては必要なものなど、ごく限られたことだったんですよね…

今、キューさんのお手入れはこんな感じです。

・やめたこと→
シャンプー。
むしろやらない方が毛並みが良いし臭わない。

ブラッシング。
毛は掃除機で吸えば良い。

散歩のあとの足拭き。
部屋が汚れたら拭けばいい。

足の裏の毛のカット。
切らないといけないほど伸びてなかった。ただお手入れしたかっただけ。

虫除けスプレー。
錠剤をのんでもらえばいい。犬にはスプレーの匂いも何か吹きかけられるのもストレス。

保湿ローション?。
シャンプーやめたら乾燥なんてしなくなったし必要性ゼロ。

・元々やってないこと→
身体全体の毛のカット。
犬種によるけどうちはロングコートチワワ。必要なし!

・獣医さんに手際よくやってもらってること→
爪切り。肛門線しぼり。

・自分でやってること→
お尻の毛のカット。
ウンチがつかない程度にね。



…そんなもんだ!
犬が嫌がることをしないというのは人間にとっても楽チンだなぁーと思います。

以前はお手入れが必要と思ってグッズを色々買っていたからお金もかかりました。

お手入れを封印して、嫌がることをやめれば、
逆に困った時に頼ってきてくれるようにもなりました。

お尻の毛が伸びてきて、ウンチの時に毛について取れない時。
困り顔で私に助けを求めてきます。
ササッとティッシュでとってあげれば無問題。
そんな時も、ストレスがかからないように、とにかく素早くやってあげています。

ま、ちょっと残っちゃっても自分でお尻を舐めて何とかするので大丈夫でしょう!笑
目ヤニとかついてても、自分の前足でとってペロペロしてるし。笑

犬との暮らしでは、神経質にならないのが大事なポイントですよね。

ワンちゃんにとって、本当に必要なことだけ、必要なタイミングで、
最小限の時間と方法で、やっていけたらなと思います。

そのうち爪切りもさせて頂けるかな(^-^)

★★お読み頂きありがとうございます!
皆さんとワンコさんに穏やかな日々が続きますよう1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキングへ

シャンプーはいらない

 2015-07-27
今朝のお散歩は初めて見るハスキー犬さんに会いました。
見慣れた子には、ある程度距離があれば
あまりガウガウしなくなってきたキューさんですが、
初めての子はビックリして反応しちゃうみたいです。

興奮したあとは、こんな風に木の枝を拾ってガジガジ噛んで、
自分を落ち着かせているように見えます。

散歩後も、1時間ほどイライラ気味で布団をかじっていましたが、
今はすっかり落ち着き寝ています。
数か月前までこれはありえなかったなぁ~

今日は夜遅くなる予定があるので、
夏期休暇の半休分をつかってお昼過ぎまで家にいます。
ですがなるべく早く帰ってこようと思います。

さて、最近の夫の口癖は、
「きゅっきゅは毛並みがどんどん良くなるねぇー」です(*^^*)

これを聞くと嬉しいのですが、毎度思い出すことがあります。
キューさんへの対応でワースト1.2を争う過去の出来事…。

PONOPONOに出会うほんの少し前のことです。
会社の後輩が家に遊びに来ることになり、
その日の朝に、キューさんのシャンプーをしました。
臭かったらマズイな、お客さんが触るんだから綺麗にしておかないとな、と思って…。
その理由だけでも酷いですが、
その前の週にもシャンプーしたにも関わらずでした…。

するとシャンプーし過ぎたせいで、
毛はパサパサ、皮脂がとれすぎてポロポロとフケのように出てきたのです…。
遊びに来た後輩には、
「ダメですよ!そんなにシャンプーいらないんですよ!!」
と、怒られました。ごもっとも…。

その後、PONOPONOに出会って、
シャンプーはそもそも一切いらないということを知りました。

犬の毛は、汚れが自然にとれるようにできているそうです。
そして私の経験にもあるように、
シャンプーで皮脂を取りすぎるのはかえってバリア機能を損なうそうです。

普通に考えて、そうですよね。
野生にいる動物はシャンプーなんてしませんし、
しなくても問題がないようにちゃんと進化してきたのだと思います。

過去の私のように、人間の暮らしや都合に合わせて
犬のお手入れをしようとしてしまいがちかもしれませんが、
犬にとってそれはとてもストレスなことだと思います。

キューさんはシャンプーもですがドライヤーはもっと嫌いでした。
爪を切ったりブラッシングをしたり、お手入れ関係はだいたい苦手です。
私が過去に無理にやってきたから苦手になった面もありますが。

ブラッシングなんかは好きな子がいるようですが、
ほとんどのお手入れは、喜んでされている子はほとんどいないのではないかな~

こんなことを言っても、やっぱりシャンプーをしなかったら汚いんじゃないの?と
感じる方も多いと思います。
でも、先に述べたようにキューさん、毛並みは問題なし!
胸元はふわふわの綿あめみたいで、背中やわき腹あたりはツヤっとしています。

それに匂いも全くないんですよ!むしろイイにおい~!
ストレスが少しかかった時には耳が匂いますが、
シャンプーしてどうこうなる話ではありませんし、
シャンプーすることによって逆にストレスがかかって匂いがきつくなりますから、
やっぱりやめた方がいいですよね。
ちなみにキューさんはシャンプーしてない歴約1年です。
今後も獣医に必要と言われる皮膚病なんかにならない限り、するつもりはありません^^

キューさんにしているお手入れと言えば、
ウンチがついてしまうのを避けるためだけに、お尻の毛をチョチョっとたまに切るのと、
獣医さんに爪切りをお願いするのみです。
(いっぱい散歩するので2、3か月に1回くらいで大丈夫です)
歯磨き~は歯石のつきやすさに個人差があるようですが
小型犬はつきやすいので本当はした方がいいそうですが、、
たまに歯磨き粉舐めてもらうだけです。歯ブラシやガーゼはかじっちゃうので。
噛まなくなったらできるようになるかもね、くらいに思っています。

ワンコが快適でいられるために、
お手入れ関係は、人間の見栄やオシャレのためではなく、
必要なことだけ最小限にしてあげたいと思います。


人気ブログランキングへ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫