FC2ブログ

防げた痙攣に大反省

 2019-04-15
昨日の夕方、キューちゃん痙攣を起こしてしまいました…。
起こさせてしまった、が正しいかもしれません。

先にお伝えすると、もうすっかり元気にしていますのでご安心いただければと思い思いますm(_ _)m
今朝のキューちゃん、この通り。元気モリモリ!
20190415102531a01.jpeg

経緯をお話ししますと、夫が大きなダンボールのお水を動かしていて、その動きや音に反応して吠えたキューちゃん。

今にも興奮して走りそうな雰囲気だったので、「興奮してるから一回やめてあげて!」とお願いするも継続する夫。

気を引いて夫から距離をとろうと思い、キューちゃんおいで!と声をかけて、歩き出しました。

するとキューちゃん、私が歩いている方向にダッシュしてきて、私は足元をみていなかったのもあり、足にぶつかったような、蹴ったような感じになってしまったのです。

直後キューちゃんが体をこわばらせ、ブルブル…これはヤバい…と思ったら、すぐに痙攣がはじまりました…。

事態を把握してない夫は作業を続けていて、痙攣した!と言うと飛んできました。

夫に動画を撮りをたくし、座薬を急いで準備して、私が抱っこして夫に座薬を入れてもらいました。

2分半ほどの痙攣でした。
直後よ様子は前回ほどではまったくありませんでしたが、意識はハッキリしている様子ながらもグッタリしていて瞳孔がかなり開いていたので心配でした。

1分こえる痙攣があったら念のため連れてきてと獣医さんに言われていたので病院に連絡し、連れて行くことに。

移動中ずっと不安そうに鳴き続け、時々私の口元を必死に舐めていました。
また脳に異常が出ちゃってるのでは…と思いましたが、私がかなり不安になっていたので、キューちゃんを余計に不安にさせてしまっていたんだと思います。

病院で診てもらうと、神経障害は出ていないから大丈夫だろうけど、念のため脳圧を下げる薬を入れておきましょうということで飲ませてもらいました。
そしてお薬は先日量を減らしたばかりですが、一度元の量に戻すことに。

帰りの車の中では、きっと疲れたのでしょう…もう鳴くこともなく、ウトウト状態でした。

帰宅するとご飯をモリモリ食べてくれて、ちょっと興奮気味ではありましたが、痙攣した時の様子はすっかりなくなっていました。
ヤギミルクをあげるとソワソワした気持ちが落ち着いたようで寝ていました。

今朝は、瞳孔は元どおりになり、朝ごはんとヨーグルトをしっかり食べて、お散歩も暖かかったのもあり長めにのんびり楽しみました!

もうすっかり元気です(ToT)

今回の痙攣、確実に防げたものだったろうと、大、大、大反省しています。
ごめんね、悪いことしたよ…と謝りました。

夫は水を動かすとかは散歩中にやると言ってくれました。
私はあのとき、座っておくか、足元を確認しながら亀の歩みをするかにすべきでした。

夫婦そろって、キューちゃんの状態が良かったのもあり、配慮を怠ってしまった部分があったと思います。

キューちゃんが心地良く暮らせるように、私たちもリラックスして過ごしつつしっかり配慮するということを、また改めて見直していきたいと思います。

★★お読み頂きありがとうございます!
1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキング
スポンサーサイト
タグ :

今日から薬を減らします!

 2019-04-10
散った桜もキレイ〜
20190410130238b26.jpeg

今日は10時からキューちゃんの病院でした。

いつも1時間前に家を出ているのですが、夫が仕事の電話で10分ほどのびていました。
やっと終わり夫が行く準備を始めたところで、ものすごい顔をして待ってた私とキューちゃんの元へ。

何かとおもったら、「車、点検に出しててないんだった!」と言うのです!!

えぇーなぜ今気づく!?とびっくり仰天でしたが、夫が急いですぐ近くにあるレンタカーに電話をして、手配してくれました。

結局30分遅れにはなりましたが、予定担当の獣医さんに通り診てもらうことができました。

私はしょっちゅうドジをしたりハプニングを起こしたりするので人のこと言えませんが、夫もたまーにですが、たまーになんだけど、なぜぇぇぇ!?という驚きのことを起こします(^_^;)

病院の日は、キューちゃんに病院へ行くことを伝えるタイミングなど気をつけているのですが、思わぬ出来事にバタバタとしてしまいました。

さて、病院ですが、先日のMRIの結果をもとに、獣医さんと今後の相談をしました。

脳梗塞自体はとても改善していたので大丈夫だろうけれど、もしかすると、あの時の痙攣によって脳が痙攣を起こしやすい状態になっているかもしれないということです。

その上で、選択肢としては、薬を減らしてみて、問題なければやめるか、念のためこのまま継続するか、でしたが、夫婦声をそろえて前者で!とお願いしました。

このまま無事に薬をやめられるといいなと思います。

ちょっと気になるのは、やっぱり体重が少しずつ減っていること…。

もともと2.7〜2.8キロ台を推移
去年の夏に2.9キロ台まで増える
去年10月の入院で2.6キロ台に減る
半月後に2.8キロ台に戻る
今年の1月頃から2.6キロ台〜2.7キロ前半を推移
そして今日は2.6キロちょうど。

元々がもう少し痩せてもいいかなくらいだったので見た目は痩せてる感じはしないし、先月の血液検査も問題なかったので大丈夫だと思いますが、キューちゃんもご飯もっとちょうだいというので少しご飯を増やして様子をみようと思います。

キューちゃんには健康で長生きしてほしい!

★★お読み頂きありがとうございます!
1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキング
タグ :

頑張ったね!のケーキ

 2019-03-17
キューちゃんは、一昨日のMRI検査がとても負担だったのか、その日帰宅すると、頭を右下に傾けたり頭をブルブルふったり、ちょっと変な声を出したりしていました。

本人も違和感があったのでしょう、私に右耳をおしつけてゴリゴリしてくるので、ゴシゴシと掻いてあげました。

表情も、なんと表現したらいいか分からないけど、かたくて違和感がありました。

頭を傾けるとかふるとか、脳に異常がある時に出ることもあるそうなので、え?大丈夫?とちょっと不安でしたが、脳の異常であれば時々ではなく、ずっと傾いたままになるそうです。
外耳炎や耳に異物が入った時もなるようですが、少し見せてもらったけど臭いも異物も、そんな様子はありません。

前回、入院して退院したあとも同じような感じだったので、強いストレスを感じてなってるのかなと思いました。

MRI検査から帰宅して一時間ほどで、夫は泊まりの出張にでかけたのもあって、少し不安になってしまいました。

でも私が不安になってもまたキューちゃんが不安になるのでこれはいかん!と早めに切り替えて、こんな時はとにかくキューちゃんとゴロゴロしてるに限ると思い、そのように過ごしました。

そしてキューちゃん頑張ったので、前日に夫が買ってきてくれていたケーキをほんの少しおすそ分けしましたよ〜。

フルーツロールケーキだったのですが、バナナの部分を差し出しても、それはいらん!と言われ、スポンジにクリームがついてる部分を喜んで食べました。
分かっておりますな(^_^;)

買ってきてくれた時に箱の中をみると、ケーキが二個入っていたのに、どちらも私の分だと言われました。
「じゃあ一個は明日MRI頑張ったねってキューちゃんと食べるね」と言うと、「そう言うと思って二個買っといたよ」と言った夫。

なんだかジーンときてしまいました。

そんな感じでキューちゃんとのんびりして、ご飯もモリモリ食べて過ごし、昨日の午後の散歩ではまだ若干右に傾くことがありましたか、今日の午前の散歩では完全復活していました!

表情もほぼいつも通りです(*^^*)
良かったぁー

ひさびさに猫糞もいただきご満悦♡
20190317130921427.jpeg

どうやら駐車場は猫糞スポットのようです。

★★お読み頂きありがとうございます!
1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキング
タグ :

2度目のMRI検査しました

 2019-03-15
キューちゃんのMRI検査に行ってきました。

結論から言うと、下記の通り、病変がとても小さくなっていて、当初の10分の1程度になっているということでした!!
201903151503003b7.jpeg

右の黄色い箇所が前回、左の赤い箇所が今回の画像です。

MRIの先生も、とても良い結果が出ましたよと言ってくださり、本当に本当に安心しました。

また痙攣を起こす可能性はゼロではないけれど、限りなく少ないようで、大丈夫でしょうということです。

それとまったく気づかなかったのですが、右前足の動きが若干弱いようです。
脳梗塞の後遺症だそうですが、気にするレベルではないそうで、ホッとしました。

10月1日に1日5回もの痙攣を起こし、一時はどうなることかと思いましたが、こうして救われ、病状もすごく回復したことがとても嬉しく、その後の散歩中に何度もウルッとしてしまいました。
201903151503164fc.jpeg

ちなみに当初、脳炎か脳梗塞ということで診断がハッキリしていませんでしたが、脳梗塞だったようです。

脳梗塞は、肥満や高血圧などによる動脈硬化によって引き起こされると言われていますが、それ以外にもたくさんの原因があって、特定するのは難しいようです。

だからどうしてキューちゃんの身にこんなことが起きてしまったのかは分かりませんが、今後できることは、引続き安心して家族みんなで穏やかに暮らせるよう、努めていくことかなと思っています。

あとは担当の獣医さんとの相談になりますが、MRIの先生いわく、抗けいれん薬をやめることもできるようです。
念のため継続していくという結論になるかもしれないですが、できたら徐々に減らしながら様子をみて、最終的にやめられたらいいねと夫と話していました。

ところでMRIの病院は、獣医さんがどなたも感じが良く説明も的確で、犬の扱いも丁寧なので、ものすごい安心感があります。

検査前に、この半年間のヒアリングを受けたのですが、痙攣はその後一度もなかったとか、食欲ももどっていて元気だとか、そんなふうに答えると、「うん、いいですね!」「良かったです」などと、前向きな発言を都度してくださるんです。

これがすごく嬉しくて、やっぱりキューちゃん順調に良くなってるよね!と安心につながりましたし、とても心強く感じました。

そんな獣医さん達だからでしょう。
検査が終わって抱っこされて戻ってきたキューちゃんも、もちろん不安そうではあったけど、その度合いがとてもマシでした。

どんな病院で診てもらえるかってホント重要ですね。

半年前から心配して応援してくださっていた皆様、どれだけ支えていただいたか分かりません。
本当にありがとうございました(*^^*)

これからもどうぞ宜しくお願いします!

★★お読み頂きありがとうございます!
1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキング

体調順調です!

 2019-02-05
この車の下に何かあるぞ!
20190205183725762.jpeg

一生懸命頭を突っ込んでいたのですがニオイの元にたどりつけず、キューちゃん、私に向かって地面をバンバンしながらとってきたまえ!と指令したのです…
20190205191203eb1.jpeg

ものすごい眼力…(^_^;)

ちょっと難しいですよぉ〜
何も見えないし手だけ伸ばして掴んだのがウンチだったら悲惨だわよ〜(^_^;)

そんでおうちでヨーグルトで我慢してくれる?とお願いしたら、そっこーでスリングにはいってきました。笑
お腹減ってたのかしら。

今日はキューちゃん月1の通院でした。
前回体重が減っていたので、また減ってたら血液検査や胃のレントゲンを検討しましょうと言われていたのですが、2.72キロに増えていました!

昨日、家の体重計で私が抱っこして引き算してはかると、2.4キロだったので、えぇ!?何かの病気?と不安に思っていましたが、体重計がちょっとくるっていそうです。。

とにかくホッと一安心。

嘔吐は今回も3回あったんですが、1月18日を最後にその後はありません。
食欲もとてもあるし、ご飯をちょっと増やしていたので、今度は太らないよう気をつけます。

痙攣もおかげさまであれから一度も起きていません。
半年以内にもう一度MRIをとる予定にしていたのですが、痙攣は起きていないし、キューちゃんの体の負担の方が大きいかなとちょっと迷って、獣医さんに相談しました。

前回明確な診断が得られなかったし、今後の治療の方向性も変わってくるので、撮っておいた方がいいということでしたので、3月か4月にお願いすることにしました。

脳にあった影がなくなっていたり小さくなっていたりしたら、薬を減らしたりなくしていったりということも考えてくださっているようです。

同じ病院の別の獣医さんは、この薬は一度始めたら減らさないしやめられないとおっしゃっていたので、ちょっと方針が違うのかもしれません。

よく犬の様子をみながら治療方針を決めて、犬の接し方や私たちへの説明もとても丁寧にしてくださるので、今の獣医さんは本当に信頼しています。

あれは何だったのかね?というくらいキレイに治ってたら嬉しいです。

★★お読み頂きありがとうございます!
1日1回キューさん写真をポチっとお願いします★★

人気ブログランキング
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫